現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーに呆れるフェルスタッペン「”最も遅く”、壊れやすいPU。受け入れられない」|F1ハンガリーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

ルノーに呆れるフェルスタッペン「”最も遅く”、壊れやすいPU。受け入れられない」|F1ハンガリーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPを早々にパワーユニット(PU)のトラブルによってリタイア。彼はこのトラブルに激怒しており、ルノーPUのことを”最も遅く、壊れやすい”と酷評している。

 ハンガリーGPを7番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、スタートで2つポジションを上げ、フェラーリ勢とメルセデス勢の後ろ、5番手を走っていた。しかしわずかスタートから5周後にMGU-Kの問題によりマシンを止め、レースを諦めることになってしまった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ハンガロリンクはパワー重要度の低い、テクニカルなコースということもあって、レッドブルは期待を持って今回のレースに臨んだ。だが結局ダニエル・リカルドの4位が精一杯。フェルスタッペンは、もっと良い順位が狙えたはずだと語った。

「正直なところ、全くあるべき形ではなかった」と、フェルスタッペンは『Sky Sports』にコメントした。

「僕たちはチームとして”まとも”なエンジンのために、そうであることを願って、多くのお金を払っている。だけど、それは壊れ続けている。それに僕たちはそこで最も遅かった」

「正直、現時点で受け入れるのは難しい」

 フリー走行でレッドブルが示していたレースペースから考えれば、強力なスタートを切ったフェルスタッペンがメルセデスやフェラーリに挑戦することもできたはずだ。

 フェルスタッペンも「マシンは大丈夫だと感じていた」と話した。

「後から(どんな結果が出せたか)言うのは常に難しいことだ。結局、前で何も起きなくても、僕たちは簡単に5位になれた。もう一度言うけど、貴重なポイントを投げ捨ててしまったんだ」

 トラブルが発生した際、フェルスタッペンは無線で怒りを爆発させた。放送禁止用語を多用していたため、多くの修正が施されていたが、国際映像で世界中にそれが放送された。

「僕は無線で、とても怒っていた。たくさん修正されていたと思うけど、それが残念だ。放送が許されていたら、もっと良かっただろう」

 彼はすでに、今季すでに3基目のMGU-Kを使用しており、すでにレギュレーションで許容された2基を超えている。今回のトラブルにより、夏休み明けのベルギーGPでペナルティを受ける可能性がある。

 しかしリタイア直後のフェルスタッペンは、あまりそれを懸念していないと主張した。

「スパでどうなるか見てみよう。僕たちはペナルティを受けなければならないかどうか、まだ分からない」

「だけど結局のところ、現時点では僕も本当に気にしていないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します