現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハース「まずはフォースインディアを救う。新チームのことはその後考えるべき」|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

ハース「まずはフォースインディアを救う。新チームのことはその後考えるべき」|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 破産申請を行い、管財人の管理下に入ったフォースインディア。ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、「まずはフォースインディアを救わなければならない」と語った。

 フォースインディアの現状について尋ねられたシュタイナーは、次のようにコメントした。

    フォースインディア、破産申請勧めたペレスを恨まず「彼は難しい立場にいた」

「彼らが新しい買い手を見つけることを願っている」

 そうシュタイナーは語る。

「彼らはF1を戦うのに相応しいチームだと思う。彼らが誰か(新しいオーナー)を見つけること、そしてそれが相応しい人物であることを願っている。そしてチームに関わる全ての人々が仕事を続け、そして将来に向けて10チームが存在し続けること、それが唯一必要なことだ」

「10チームが存在し続けることは、F1にとって重要だと思う。18台でレースをすることもできるが、10チームの方がバランスのとれた数字だと思う。20台の方が良いと思うのだ」

「私はむしろ、ここに相応しくない誰かがいるよりも、強い20台のマシンがいた方が良いと思う。そのためには、今の10チームを見守るべきだ」

 F1は2021年に新たなチーム参入を促すためにも、レギュレーション変更を行おうとしている。参戦コストを下げ、より安定してチームを運営できるようにしようというのだ。しかしシュタイナーは、まずは現在参戦中のチームの安定化を図るべきだと語る。

「誰もが、11チームや12チーム必要だと言う。しかし、ここには生き残るために苦労している10チームがある。それなのに、なぜ11番目のチームのことを心配する必要があるのだろうか? F1に10チームを残すことについて、心配してはいけないのだろうか?」

「現実的になってみよう。『もっと増やしたい』といつも言うわけにはいかない。まずは10チームが存続し続けるようにしなければいけない。10チームがしっかりしている時にだけ、11番目のチームを探すことができる」

「残念ながら、私には未来を見ることができない。しかしまず第一に、フォースインディアを救わなければいけない。それをやってから、他のチームを見つけるべきだ。そして2020年の終わりに、参戦中のすべてのチームが安定していた後で、ようやくそれを見ることができる」

「私は、参戦チーム数を増やすことに反対しているわけではない。しかし、まず最初に現在の10チームが確実である必要がある。そうでなければ、11チームにする意味はない。1年後に11チームのうちの2チームが去り、再び9チームになってしまうことになるのだから」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Additional reporting by Ben Anderson and Edd Straw)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します