現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン「速さがあるのにオーバーテイクできず、イライラが募った」:ハース F1ハンガリーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

グロージャン「速さがあるのにオーバーテイクできず、イライラが募った」:ハース F1ハンガリーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ハンガリーGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは10位、ケビン・マグヌッセンは7位だった。
■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=10位
 2台が揃ってトップ10に入れて、本当に良かった。ただ、僕にとってはイライラが募るレースだった。今回のような状況で、タイヤをうまく使う方法を理解する必要がありそうだ。僕は(カルロス・)サインツJr.よりコンマ5秒から1秒近く速かったのに、彼の背後で50周を過ごすことを強いられた。前のクルマに近づくと、すぐにタイヤがグリップを失って何もできなくなるんだ。

 その点は少し残念だったけど、全体としては、チームのみんなが素晴らしい仕事をしたと思う。戦略で(ニコ・)ヒュルケンベルグと(ブレンドン・)ハートレーの前に出られたのは、ペースはとても良かったことを証明するものだ。概して言えば、僕のペースは十分に速かったし、2台ともトップ10に入れて良かった。とてもいい週末をすごせたよ。今日のレースペースは、10位よりずっと上に値するものだった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ケビン・マグヌッセン 決勝=7位
 今日の結果に大満足だ。1周目もうまく行って、いくつかポジションを稼ぎ、それを最終的な成績につなげることができた。1周目を別とすれば、比較的淡々としたレースだったものの、僕らにとってはそれで良かったんだ。チームとしてはダブルポイントフィニッシュだ。これならいい気分で休暇に入れるね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します