現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「マシンのパフォーマンスをしっかり生かして6位入賞。この勢いを後半戦でも維持したい」:F1ハンガリーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

ホンダ田辺TD「マシンのパフォーマンスをしっかり生かして6位入賞。この勢いを後半戦でも維持したい」:F1ハンガリーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは6位、ブレンドン・ハートレーは11位だった。

 ガスリーは6番グリッド、ハートレーは8番グリッドから、ともにウルトラソフトタイヤでスタートした。1周目を終えた段階で、ガスリーは6番手を維持、ハートレーは9番手。序盤のマックス・フェルスタッペンのリタイアで、ガスリーは5番手に、ハートレーは8番手にそれぞれ繰り上がる。14、15周目に上位陣がタイヤ交換を行ったため、ガスリーは一時3番手に上がり、その後、再び5番手を走行。ハートレーは24周目にピットイン、ミディアムタイヤに交換し、13番手で復帰した。ガスリーは26周目、ダニエル・リカルドにパスされて6番手に。32周までスティントを引き伸ばしてソフトタイヤに交換、後続とのギャップを広げていたためにポジションを落とすことなくコースに復帰。そのまま6番手でチェッカーを受けた。ハートレーはミディアムでのペースが伸びずにポジションを上げられず、11位フィニッシュと、入賞には届かなかった。

    F1ハンガリーGP決勝:ハミルトン完勝、トロロッソ・ホンダのガスリーが殊勲の6位入賞

 メルセデス、フェラーリ、レッドブル以外で周回遅れにならずに70周を走り切ったのはガスリーだけだった。今回のガスリーの6位はバーレーンGPの4位に次ぐ好結果だ。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 今回のハンガリーGPではマシンの仕上がりもよく、ピエールが6位入賞、8ポイント獲得という非常に良い結果を達成してくれました。昨日の難しい予選にうまく対応し、トロロッソ・ホンダの全員が素晴らしい仕事をしたからこそ実現した結果であり、今日も皆、同様に見事な仕事ぶりでレースを戦いました。

 一方でブレンドンは11位となり、惜しくもダブル入賞を逃してしまったことは残念でした。

 このところ難しいレースウイークエンドが続きましたが、サマーブレイク前の2戦で入賞できたことはよかったです。この勢いを維持しながらベルギーGP以降の後半戦に臨みます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します