現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、またも発生したルノーPUのトラブルに憤慨「モノが対価に全く見合っていない」|F1ハンガリーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

レッドブル、またも発生したルノーPUのトラブルに憤慨「モノが対価に全く見合っていない」|F1ハンガリーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ハンガリーGP決勝でマックス・フェルスタッペンがパワーユニット(PU)関連のトラブルでリタイアしたことに激怒。ルノーの提供するサービスが、対価に見合っていないと批判した。

 フェルスタッペンは、レース開始直後に7番グリッドから5番手に浮上。予選では出遅れたが、決勝ではフェラーリとメルセデスに挑戦し得るポジションについていた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 しかしフェルスタッペンは6周目に突如スローダウン。トラブルの原因はまだ詳しく分かっていないが、MGU-Kのトラブルだとみられている。

 フェルスタッペンは無線で不満を爆発させ「こんなPUがブローしようが構わない。正直、冗談かと思うくらい****だ!」と放送禁止用語を多用しながらチームに訴えた。

 オーストリアGPとドイツGPでダニエル・リカルドが相次いでPUトラブルに見舞われリタイアしていたこともあって、チームも現状に対する不満を隠していない。レース中にホーナーは、ルノーからもたらされるものについて満足していないと明言した。

「あまり多くを語るわけではないが、これらのエンジンのために何百万ポンドも支払っている。一級品で最先端の製品のためにそれだけの額を出しているが、それには全く見合っていないことが分かるだろう」

「だから不満が溜まっている。だがそれはそれだ。まだダニエルがレースをしている。レースが終わった後で、シリル(アビテブール/ルノーのマネージングディレクター)の言い訳を聞こうじゃないか」

 レッドブルは来季からホンダ製のPUを搭載することをすでに決めている。一方で、最近は相次いで信頼性トラブルに見舞われた上に、フェラーリやメルセデスに対抗できるPU性能もないとあって、ルノーとの関係の悪化が止まらない状態となっている。

 ドイツGPでは、リカルドが電気系のコンポーネントを交換し、グリッド降格ペナルティを受け最後尾スタート。ある意味、PUの全コンポーネントを交換するチャンスでもあったが、ルノーがICE(内燃機関)やMGU-H、ターボチャージャーの交換を許可しなかった。

 その結果、リカルドは2戦連続でPUトラブルによりリタイア。ハンガリーGPには旧スペックPUで臨むことになり、4位でレースを終えている。

 ホーナーは「それはルノー側の問題だ」と語り、「できる限り全てのものを交換するのが通常の戦略だ」と不満を露わにしていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します