現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:マクラーレン・ホンダ誕生から現在までにチームを去った人たち

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

F1 Topic:マクラーレン・ホンダ誕生から現在までにチームを去った人たち

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1ハンガリーGPで、マクラーレンはチーフエンジニアのマット・モリス退任を発表した。これもテクニカル・ディレクターであるジェームズ・キーの加入同様、チームから正式なリリースは出ていないが、マクラーレンの広報が事実を覆さない限り決定済みである。

 キーの移籍はまだ正式決定していないが、いずれにしても、モリスをはじめ、多くのスタッフがマクラーレン・ホンダ時代から、このプロジェクトから去ったことは事実である。

    F1 Topic:ジェームズ・キー加入が未確定のマクラーレン。チーフエンジニアの退任も発表していた

 そこで、マクラーレン・ホンダの誕生が発表された2013年5月から、2018年7月末までの間にマクラーレンを離れていった人たちがどれだけいるかを振り返って見た。



 ・マーティン・ウィットマーシュ (2014年8月/チーム代表→退社)
 ・フィル・プリュー(2015年末/チーフエンジニア→メルセデスへ移籍)
 ・ロン・デニス(2016年11月/CEO→解任)
 ・キアロン・ピルビーム(2016年12月/チーフレースエンジニア→ルノーへ移籍)
 ・デイブ・レディング(2017年7/スポーティングディレクター→ウイリアムズへ移籍)
 ・マット・ビショップ(2017年7月/コミュニケーションディレクター→退社)
 ・ティム・ゴス(2018年4月/チーフテクニカルオフィサー→更迭?)
 ・エリック・ブーリエ(2018年7月/レーシングディレクター→辞任)
 ・マット・モリス (2018年7月/チーフエンジニアリングオフィサー→退任)
 
 こうしてみると、要職に就いていたこれだけの数のスタッフが離脱したことに、あらためて驚かされる。もちろん、離脱したのには理由があり、その補填も行なっている。

 だが、これはチームが公に発表している主要スタッフだけの情報で、ファクトリーで仕事する一般のエンジニアは含まれていない。

 つまり、ジェームズ・キーを獲得したとしても、マクラーレンが復活するにはまだまだ長い道のりが待っているということだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nsx*****|2018/07/29 23:35

    違反報告

    日本の会社でもそうだけど、完成したものが腐ってしまった時ぶっ壊すしか無いんだよ。
    ぶっ壊してゼロになるケースもあるけど、そこまでしないと復活しないからね。マクラーレンは今が正念場じゃないかな。

    そしてホンダもそうなることやら。ただ、ホンダは第三期のあとに「二度とF1やらない」といってチームを解散し、一部の主要エンジニアは出ていったからね。ある意味マクラーレンより先にぶっ壊したよね。
  • bon*****|2018/07/30 20:40

    違反報告

    とことん別れてくれてありがとう!という感じだな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します