現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミッドオハイオ予選:ロッシが今季3度目ポールポジション。佐藤琢磨は赤旗の影響もあり8番手|インディカーニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

ミッドオハイオ予選:ロッシが今季3度目ポールポジション。佐藤琢磨は赤旗の影響もあり8番手|インディカーニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インディカー第13戦ミドオハイオの予選が行われ、アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシが今季3度目のポールポジションを獲得した。

 ロッシは、ファスト6でアタックを1回のみ実施。このアタックをまとめ、昨年のポールシッターであるウィル・パワー(チーム・ペンスキー)に0.2秒差をつけてポールポジションを勝ち取った。

    マクラーレンの19年フル参戦は厳しい?「人材確保が最大の壁」とカーリン

 3番手はライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、4番手には昨年のウイナー、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がつけた。今季がルーキーシーズンのロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)が5番手、カーリンのマックス・チルトンが6番手を手にした。

 今季からインディカーに参戦しているカーリンがファスト6に進出したのは大きなサプライズだったが、これは予選セグメント2で有力ドライバーが不運な敗退を喫した影響が大きい。

 12台がファスト6進出を争うセグメント2では、残り時間1分を切ったタイミングでジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)がスピンしクラッシュ。最速タイムを出した直後だったが、このベストタイムが抹消され10番手に降格となった。

 この影響で、軟らかいレッドタイヤでのタイムを出せなかったドライバーも多く、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのグレアム・レイホール、佐藤琢磨が共にノックアウト。それぞれ7番手、8番手となりファスト6には進めなかった。ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)も、9番手だった。

 今回が怪我からの復帰戦となるピエトロ・フィッティパルディ(デイル・コイン)は、22番手。チームメイトのセバスチャン・ブルデーはブラックタイヤでの2周目に、2コーナーでタイヤバリヤに突き刺さりノータイムで予選を終えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Malsher)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します