現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2018年鈴鹿8耐の決勝レースがスタート。オープニングラップのトップはレッドブル・ホンダの高橋巧

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

2018年鈴鹿8耐の決勝レースがスタート。オープニングラップのトップはレッドブル・ホンダの高橋巧

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会の決勝レースが7月29日、鈴鹿サーキットでスタート。8時間にわたる長い戦いが幕を開けた。

 心配されていた台風は遠のき、朝には雨がやんで太陽が顔をのぞかせた。朝のウオームアップ走行はウエットコンディションで始まったが、次第にセッション終盤はドライコンディションでの走行になった。

    鈴鹿8耐3日目のフリー走行で転倒の中須賀、計時予選に出走せず。吉川監督「作戦を組み直す必要がある」

 このままドライにコンディションで決勝レースを迎えるかと思われたが、グリッドにマシンが並ぶころには太陽が姿を消し、怪しい雲に包まれる。そしてスタート20分前に突然激しい雨に見舞われた。雨は5分ほどで小康状態になるが、路面は完全にウエットコンディションに変わってしまう。

 その後も雨は強まったり弱まったりを繰り返し、不安定な天候。そんななか、鈴鹿8耐の決勝レースが始まった。

 ポールシッターのKawasaki Team GREENのレオン・ハスラムが、好スタートを切ってホールショットを奪う。しかし1コーナーでインをついたのはRed Bull Honda with 日本郵便の高橋巧。2番手に後退したハスラムはデグナーカーブでラインを外してしまい、高橋巧はトップ独走状態に入る。

 オープニングラップを終え、トップレッドブル・ホンダwith日本郵便、カワサキ・チームグリーン、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームというトップ3でホームストレートを通過。F.C.C.TSRホンダ・フランスは14番手に順位を落としている。

 続く2周目、5番手走行中のMuSASHi RT HARC-PRO.Hondaのランディ・ド・ピュニエが2コーナーで転倒を喫する。大きく順位を落とす波乱のスタートとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します