現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、望外のポールポジション獲得に嬉しい衝撃「まるで天の恵みだ!」|F1ハンガリーGP予選

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

ハミルトン、望外のポールポジション獲得に嬉しい衝撃「まるで天の恵みだ!」|F1ハンガリーGP予選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、雨で複雑なコンディションとなったハンガリーGP予選を制しポールポジション獲得。フェラーリ勢を上回ったことに対して、嬉しい衝撃を感じたようだ。

 今週末、ドライコンディションで行われた3度のフリー走行では、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンが常にメルセデス勢よりも良いタイムを出しており、その中でもベッテルはFP2とFP3でベストタイムを記録し、ポールポジション最有力候補であると考えられていた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 しかし予選は、開始直前に雨が降り、さらにセッション中もそれが強まったり弱まったりする難しいコンディション。ポールを争うQ3の頃にはフルウエットタイヤを使うようなコンディションとなった。これによりフェラーリとの差を埋めることができたハミルトンは、Q3の土壇場でチームメイトのバルテリ・ボッタスを逆転しポールポジションを手に入れた。

 この結果、メルセデスはフロントロウを独占。フェラーリの2台はグリッド2列目に甘んじることになった。

 ハミルトンは「本当に驚きだ」と、ポールポジションは予想外だったと認めた。

「ここ(ポール)を得られるとは思っていなかった。ワンツーを得られてとても嬉しい」

「ドライコンディションではここでポールポジションを得られるとは思っていなかったからね。フェラーリが速すぎたんだ」

「だけど、自分たちにできることをしようと努力していた。おそらく、グリッド2列目を独占することは可能だったはずだ」

「突然大雨が降ってきて、このポジションが得られた。まさに”天の恵み”だ」

 予選後、チーム代表のトト・ウルフも「今回のポールポジションは予想外だった」と、ハミルトンと同じ感想を『Sky Sports』に語った。

 Q3の終盤、チェッカーフラッグが振られた時点ではライコネンがタイムシートの最上位につけていた。それをボッタスが0.268秒上回り、ハミルトンが最終的にボッタスにも0.260秒の差をつけてポールポジションを獲得した。

 ハミルトンは「最後のアタックに入る時、フェラーリ勢を上回るためには各セクターをまとめて、何か特別なものを引き出す必要があると知った」と自身のアタックを振り返った。

「総合的にはとても良いラップだった。特に最終セクターだ。セクタータイムがどうだったかは分からないけど、それが差に繋がったと思う」

 ボッタスは、最後のアタックでは最終コーナーでグリップが不足していたと話した。

「とても良いラップだったと思う。特にセクター1とセクター2はかなり良かった」

「今回のようなコンディションでは、アウトラップでコースを見ていたとしても、次のラップでは路面の状況は変わってしまっている。だからもし、もう一回アタックできるなら、何かを見つけることはできるだろう」

「だから僕はできることは全てやったと言わなければならないし、同じようなマシンでルイスがポールを獲得したのは間違いない。データをみて、何が良くなかったのかを調べるのを楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy, Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します