現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FP3はベッテルが首位、メルセデス相次いでスピン喫す。トロロッソはガスリー10番手|F1ハンガリーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.28

FP3はベッテルが首位、メルセデス相次いでスピン喫す。トロロッソはガスリー10番手|F1ハンガリーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行3回目は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがコースレコードを更新しトップとなった。

 強い日差しが差し込むハンガロリンクは気温27度、路面温度は52度という厳しいコンディション。60分のセッションがスタートすると、多くのマシンがインスタレーションラップを行ってピットに戻った。

    破産手続き開始のフォースインディア、共同管財人はハンガリーGP参戦を明言

 最初にタイムを計測したフェラーリのキミ・ライコネンは、ウルトラソフトタイヤで1分17秒110を記録し、その後も走行を重ねていった。

 セッション開始から10分が経過し、メルセデス勢がウルトラソフトタイヤでアタック開始。バルテリ・ボッタスがライコネンのタイムをわずかに上回ることに成功したものの、その後からセバスチャン・ベッテルが1分16秒343を叩き出してトップとなった。ただ、このラップには4輪脱輪する場面もあった。

 レッドブルのダニエル・リカルドもウルトラソフトタイヤでアタック。ただトラフィックにひっかかった影響もあるのか、ベッテルからは1秒遅れ。マックス・フェルスタッペンはウルトラソフトタイヤではなく、ソフトタイヤを装着し走行を行った。

 セッションが残り20分となる頃には、路面温度は56度まで上昇。その中で、ライコネンが2セット目のウルトラソフトを投入し、アタックに向かった。セクター1&2では全体ベストタイムを記録するが、タイヤが最後まで保たなかったのかセクター3でタイムを落とし、ベッテルのタイムには届かなかった。

 メルセデス勢もニュータイヤを投入し、ボッタスがアタックをまとめ1分16秒229をマーク。コースレコードを更新しトップに浮上するが、ルイス・ハミルトンは6コーナーのシケインでスピンを喫してしまった。ただ直後にベッテルもタイムを更新、1分16秒170を記録しトップを奪還した。

 すると2度目のアタックに向かったボッタスがハミルトンと全く同じ場所でスピンし、マシン左側面からウォールに接触してしまった。ダメージは大きくなかったものの前後のホイールで衝撃を受け止めていたため、ギヤボックスなどの駆動系へのダメージが心配されたが、その後にチェック走行を済ませており、問題はなかったようだ。

 セッション終盤には、中団チームも新品のウルトラソフトタイヤを投入し始めた。このタイミングで、フェルスタッペンもこのセッション初めてウルトラソフトタイヤを投入したが、ベッテルとは0.776秒差の5番手止まりだった。

 アタックのタイミングを計るマシンも多く、トラフィックがひどい中で思うようにタイムを伸ばせないマシンもいる中、セッション終了。結局ベッテルが、2番手ボッタスと僅差ながらトップタイム。ライコネンが3番手となった。

 ハミルトンは4番手。ただメルセデス勢は初日から引き続き挙動に不安定さを残している。午後の予選でさらに路面温度が上がると、さらに不利な状況に陥る可能性もあるだろう。

 初日好調だったレッドブルは少し離されリカルド5番手、フェルスタッペン6番手。決勝に向けて準備を進めていたのか、これが精一杯なのか。予選でメルセデス・フェラーリに追いつけるか注目だ。

 中団争いトップとなる7番手は、ルノーのカルロス・サインツJr.。トラフィックがひどい中でアタックをまとめ頭ひとつ抜け出たタイムを出した。8番手は、サインツのチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグ。ただ、ハースのロマン・グロージャンがソフトタイヤで出したタイムで9番手につけている。

 トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが10番手、ブレンドン・ハートレーが12番手。ヒュルケンベルグからハートレーまでは0.169秒差と、予選Q3進出争いは今回も激戦となりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yk1*****|2018/07/29 22:34

    違反報告

    現在、トロロッソHONDAのガスリーは5位を激走中。
    6位のマグネッセンに7秒以上離している。最高の走りだ
    ハートリーも8位激走中。上手く行けばトップテンに2台
    とも入るかも。HONDAがいよいよ生き返りましたねー
  • s8c*****|2018/07/29 23:05

    違反報告

    このサーキットは低速コーナーが多く、高速の出せる直線の距離が短いと書いてあった。そのサーキットで競えるということはシャシーはしっかり出来ていてハンドリングは良い車体だと言うことが出来る。
    パワーユニットの力不足は解消されていない。ホンダが生き返ったなどと言うことは出来ない。
    高速サーキットでも他車に遅れをとらないようになって 初めてホンダがまともな仕事をしたと言えるようになる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します