現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿4耐決勝:ヤマハのタイチームが連覇を達成。変わる路面、SC3回導入のなか独走

ここから本文です
スポーツ 2018.7.28

鈴鹿4耐決勝:ヤマハのタイチームが連覇を達成。変わる路面、SC3回導入のなか独走

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018鈴鹿4時間耐久ロードレースの決勝レースが7月28日、鈴鹿サーキットで行われ、Yamaha Thailand Racing Team(アヌパッブ・サルムーン、ピラポン・ブーンラート組)が優勝した。

 決勝レーススタート時点では、本降りの雨で路面はフルウエット。ル・マン式のスタートから序盤にトップを奪ったのは、MKR&SRR+ADF with speedHeartの大北裕夢。15番グリッドからトップに躍り出ると、1周目で2番手以下に約4秒のアドバンテージを築く。

    鈴鹿8耐トップ10トライアルが中止。10チーム同時出走による計時予選に変更

 大北はスタートからの数周、ハイペースで周回するが、次第に2番手につけていたYamaha Thailand Racing Teamのアヌパッブ・サルムーンが背後に迫る。Yamaha Thailand Racing Teamは2017年の鈴鹿4耐優勝チーム。2018年も同じライダーラインアップでの参戦である。

 サームーンは8周目にはトップとの差を約1.3秒として迫ると、テール・トゥ・ノーズで大北にぴたりとつけ、10周目には130Rで一気に抜き去った。大北は13周目にはA.P.HONDA RACING THAILANDのワリット・トーンヌパクンにも交わされ、3番手にポジションを落とす。

 開始から30分が経過した時点では、トップ3台が抜け出た状態。3番手の大北と4番手につけたK-max RT&KITの目代祐紀との差は約30秒に広がり、トップのサームーンは、17周目には早くも30番手以下を周回遅れにする。

 開始から1時間を迎えようとするころ、1回目のピットインが始まった。上位陣で最初にピットインを行ったのは、2番手を走行中だったA.P.HONDA RACING THAILANDのトーンヌパクン。21周を走り切ってピヤワット・パテウンヨットにライダー交代した。

 トップを走っていたYamaha Thailand Rading Teamのサルムーンはその翌周、23周目にピットイン。ピラポン・ブーンラートに交代するとトップでレースに復帰した。さらにTeruru・MotoUP RTの斉藤魁、4番手を走行中だったK-max RT&KITの目代もピットイン。しかしK-max RT&KITはライダー交代を行わず、なんらかのトラブルが発生したのか、マシンをガレージに戻してしまった。

 また、3番手を守っていた吉川(MKR&SRR+ADF with speedHeart)がM・ファブリアンシャー(Astra Honda Racing Team)に交わされ、Astra Honda Racing Teamが3番手に浮上する。その後方では山中琉星(テルル・MotoUP RT)と、松川泰宏(MOTO BUM HONDA+SAI)が5番手争いを展開。山中は数周にわたりテール・トゥ・ノーズのバトルを繰り広げる。

 山中は2018年シーズン、レッドブル・MotoGPルーキーズカップに参戦する16歳の若手ライダー。一方の松川は42歳のベテラン。若手対ベテランの戦いは、僅差で山中が5番手を守る戦いが続く。

 しかし山中は5番手を守りる一方で、4番手に迫っていた。37周目、吉川(MKR&SRR+ADF with speedHeart)を130Rでオーバーテイク。4番手に浮上する。開始から1時間40分を迎えた時点で、トップ3は変わらずYamaha Thailand Racing Team、A.P.HONDA RACING THAILAND、Astra Honda Racing Team。このころには雨が上がり、迫る2回目のピット作業でのタイヤ戦略が注目された。

 いち早く2回目のピットインを行ったのは、A.P.HONDA RACING THAILANDだった。43周を走り切ってタイヤをドライに変更してコースに復帰する。しかしコースに復帰して間もなく、ストップ&ゴーのペナルティが課せられてしまう。黄旗無視がその原因だったという情報が入っており、A.P.HONDA RACING THAILANDはこのペナルティにより順位を下げることになってしまった。

 また、46周を走り切ってYamaha Thailand Racing Team、テルル・MotoUP RT、3番手を走行していたAstra Honda Racing Teamは48周でピットイン。このころにはウエットパッチが残るコースコンディションで、ピットインではドライタイヤが選択されたと見られている。

 上位陣が2回目のピット作業を終え、トップは変わらずYamaha Thailand Racing Team、2番手はMOTO BUM HONDA+SAI、3番手にはテルル・MotoUP RTがつけている。コース上はほぼドライコンディションに回復し、ラップタイムも序盤の2分30秒台から2分18秒から20秒にまで短縮した。

 66周目、ダンロップコーナーで転倒が発生。残り約1時間となったこのレース終盤で、セーフティーカーが導入される。その後もレース最終盤に2回、転倒車が出たことによりセーフティーカーが導入されたがトップは変わらず。

 一方、2番手争いが最後に展開された。2回目のセーフティーカー明け、テルル・MotoUP RTの山中が、MOTO BUM HONDA+SAIの松川を130Rでオーバーテイク。2番手に浮上する。しかしテルル・MotoUP RTは燃料が不足したか、残り10分を切ってピットイン。燃料を補給しライダーを斉藤に交代すると、3番手でコースに復帰した。

 2017年の優勝チーム、Yamaha Thailand Racing Teamはその後も順調に周回を重ね、後続を大きく突き放して鈴鹿4耐連覇を達成。周回数は93周で、後続に約1分の差をつける独走優勝だった。2位には関東におけるホンダ有力チームのひとつであるMOTO BUM HONDA+SAI、3位には若手ライダー山中と斉藤ペアのテルル・MotoUP RTが入り、表彰台に上った。

 以下、2018鈴鹿4時間耐久ロードレースのタイム結果。

■鈴鹿4時間耐久ロードレース 決勝順位結果(編集部集計)
天候:雨 路面:ウエットからドライ

Pos.No.ClassTeamMotorcycleRiderTyreLaps/Gap199INTYamaha Thailand Racing TeamヤマハYZF-R6(2016)BLUE/Anupab SarmoonYELLOW/Peerapong BoonlertBS93Laps218INTMOTO BUM HONDA + SAIホンダCBR600RR(2017)BLUE/杉山優輝YELLOW/松川泰宏BS+1'16.9323090INTテルル・MotoUP RTホンダCBR600RR(2013)BLUE/山中琉聖YELLOW/斉藤魁BS+1'26.54147INTAstra Honda Racing TeamホンダCBR600RR(2013)BLUE/M・FebriansyahYELLOW/Tommy SalimBS+2'22.915588INTMOTO BUM HONDAホンダCBR600RR(2017)BLUE/中村豊YELLOW/荒川晃大BS+1Laps611INTMKR & SRR + ADF with speedHeartホンダCBR600RR(2009)BLUE/吉川誠YELLOW/大北裕夢BS+1Laps7149INTA.P. HONDA RACING THAILANDホンダCBR600RR(2016)BLUE/Warit ThongnoppakunYELLOW/Piyawat Patoomyos BS+1Laps875INTRC甲子園&伊藤レーシングヤマハYZF-R6(2016)BLUE/前田龍哉YELLOW/井手翔太BS+2Laps946NATゲズンハイト&CLUBモトラボEJホンダCBR600RR(2008)BLUE/増田雄基YELLOW/川口篤史BS+2Laps1041NAT磐田レーシングファミリーヤマハYZF-R6(2018)BLUE/川名拳豊YELLOW/宇田久人BS+2Laps1155NATAZRacing+GreenSports +NARIDEN+WAKO’S+NCKヤマハYZF-R6(2011)BLUE/大中真次YELLOW/岩月寿樹BS+2Laps1236INTMOTOBUM × CryptoHarborホンダCBR600RR(2015)BLUE/櫻井賢一YELLOW/梅田虎太郎BS+2Laps1332INTHONG LEONG YAMAHA MALAYSIAヤマハYZF-R6(2017)BLUE/Kasma DanielYELLOW/Mohd RamdanBS+2Laps1498INTEGUKEN GarageヤマハYZF-R6(2017)BLUE/佐藤道夫YELLOW/小屋原俊BS+3Laps1526NATM-factory&MOTOSTEP ☆SS’mochizukaヤマハYZF-R6(2008)BLUE/前迫祥平YELLOW/菊地隆太BS+3Laps1650INTteamTJC&MF 中華そば太平楽カワサキZX-6R(2014)BLUE/芦名秀美YELLOW/中村英生BS+3Laps179INTHonda Dream 世田谷 RT 1ホンダCBR600RR(2017)BLUE/鈴木慎吾YELLOW/土居秀敏BS+3Laps1835NATTEAM JP DOGFIGHTRACING SPEED HEARTヤマハYZF-R6(2018)BLUE/小椋華恋YELLOW/草薙伸一BS+4Laps1969INTTEAM能塚カワサキZX-6R(2009)BLUE/植垣創平YELLOW/Kim JoontaeBS+4Laps20420NATmoto-girls & J12Kings 飛來神 & KDCホンダCBR600RR(2007)BLUE/鈴木健太郎YELLOW/中谷真季BS+4Laps2121NATAFG Moto & D;REX と 民宿中尾MotoヤマハYZF-R6(2015)BLUE/二瓶祐輔YELLOW/Dzegede ZecharaiahBS+4Laps2279INTADF 乱乱 with 117ホンダCBR600RR(2007)BLUE/西田幹YELLOW/新井生哲BS+5Laps2313NATオートライフハノ&ラスカルキックボクシングジムホンダCBR600RR(2005)BLUE/羽野慎一YELLOW/小松孝章BS+5Laps2433NATチーム備前精機ヤマハYZF-R6(2011)BLUE/山中将基YELLOW/延兼光BS+5Laps2528INTifレーシング&モトテックRSホンダCBR600RR(2017)BLUE/村瀬豊YELLOW/島崎一臣BS+5Laps2654INTEBATA & Scythefield Racing AsiaホンダCBR600RR(2007)BLUE/妹尾顕太YELLOW/里実BS+5Laps27445NATSMF&SILK RACING+GENIUS(ジニアス)ホンダCBR600RR(2007)BLUE/榊原健二YELLOW/石本大河BS+5Laps2876NATYSS with Kawasaki MercuryカワサキZX-6R(2009)BLUE/中尾泰三YELLOW/沖永博一BS+5Laps2978INTCS STANCE & FUN FACTORY+立秋モータースヤマハYZF-R6(2011)BLUE/宇都敏明YELLOW/栗田学BS+5Laps3049NATAZ Racing + NARIDEN + NCKヤマハYZF-R6(2008)BLUE/酒井英昭YELLOW/上杉裕一BS+5Laps316NATR・A・V・乱乱 With117ホンダCBR600RR(2005)BLUE/河田陽一YELLOW/福田崇BS+6Laps3252INTHonda Dream 世田谷 RT 2ホンダCBR600RR(2017)BLUE/中垣寿郎YELLOW/岡本淳希BS+6Laps3312NAT伊賀II輪改ブルーポイントAカワサキZX-6R(2015)BLUE/辰巳保夫YELLOW/下谷邦夫BS+6Laps3427NATRacingteamZESTホンダCBR600RR(2012)BLUE/越智健仁YELLOW/羽根巧BS+7Laps3571NAT地域活性プロジェクトTeam長野ホンダCBR600RR(2018)BLUE/角田祐介YELLOW/竹下信矢BS+7Laps3619INTIXA & BLACK ZONE+TOM AUTOとTela DesignヤマハYZF-R6(2009)BLUE/井上正光YELLOW/松谷竜真BS+7Laps3725NATBLUE MAX + 加藤建設ヤマハYZF-R6(2011)BLUE/福井宏至YELLOW/谷本音虹郎BS+7Laps3830NAT赤い3輪車レーシングクラブホンダCBR600RR(2005)BLUE/斉藤哲也YELLOW/小池裕次BS+7Laps3963NATSRミニマム&クシタニ京都+のぱのぱレーシング&DOG HOUSEスズキGSX-R600(2015)BLUE/永谷亘YELLOW/香川純BS+8Laps4044NATチームスガイレーシングクラブホンダCBR600RR(2007)BLUE/本多大輔YELLOW/佐藤正治BS+8Laps4120INTKOODホンダCBR600RR(2007)BLUE/浮田和宏YELLOW/和多瀬邦治BS+8Laps4242NATGreen Sports WAKO’S&デンジャーゾーンホンダCBR600RR(2007)BLUE/吉川明史YELLOW/篠塚恭央BS+8Laps4314NAT磐田レーシングファミリーヤマハYZF-R6(2008)BLUE/川谷知志YELLOW/垂水聖治BS+9Laps4466NATO-TEC SUZUKA TAIWANホンダCBR600RR(2014)BLUE/Chih YingYELLOW/Ruei YunBS+9Laps4583NAT三和冷熱+BIG WONDER with K、s AUTOホンダCBR600RR(2014)BLUE/岸本修YELLOW/大見及BS+9Laps464NATヒロノスポーツ&備前精機BY株式会社マルキ建設ヤマハYZF-R6(2006)BLUE/形岡俊光YELLOW/廣野誠BS+10Laps4773INTENDLESS TEAM SHANTIESS RTホンダCBR600RR(2014)BLUE/澤村俊紀YELLOW/藤平康人BS+10Laps4839NAT矢理杉モータースヤマハYZF-R6(2007)BLUE/永澤一生YELLOW/永澤隆志BS+11Laps4972INTT.R.P.+ ライディングビレッヂカワサキZX-6R(2018)BLUE/星健太郎YELLOW/関一正BS+11Laps5077NATCS STANCE & FUN FACTORY+立秋モータースヤマハYZF-R6(2011)BLUE/池主永YELLOW/谷村尚彦BS+12Laps51258NATTeam KDC service & チームヨシハル岩手ホンダCBR600RR(2005)BLUE/中谷紀彦YELLOW/葛岡勝徳BS+12Laps5292NATACF&はたけやま鍼灸整骨院+モトメンテナンスウエヤマヤマハYZF-R6(2009)BLUE/明後邦彦YELLOW/大林正章BS+12Laps5338NAT(株)ミカサ貿易レーシングチームヤマハYZF-R6(2015)BLUE/谷夏輝YELLOW/山中季莉空BS+13Laps542NATACFRacing+MIYOWORKS+フジオートヤマハYZF-R6(2010)BLUE/三由昇平YELLOW/植村憲裕BS+17Laps55101NATマル幸&しゅん坊☆悪玉M-factoryホンダCBR600RR(2007)BLUE/今井幸介YELLOW/長尾俊輔BS+21Laps5677NATCS STANCE & FUN FACTORY+立秋モータースヤマハYZF-R6(2011)BLUE/池主永YELLOW/谷村尚彦BS+12Laps(リタイア)5717NATE・P・S Racing ガレージL8ヤマハYZF-R6(2010)BLUE/内山寛YELLOW/加藤晃一BS+21Laps(リタイア)5810NATTrident RacingホンダCBR600RR(2008)BLUE/菊川真乃介YELLOW/高橋永大BS+38Laps(リタイア)5989NATPACIFIC Racing+CRAFT WORKSヤマハYZF-R6(2011)BLUE/山口慎太郎YELLOW/稲葉雄大BS+40Laps(リタイア)60121NATシャインズササハラレーシングヤマハYZF-R6(2013)BLUE/植田元気YELLOW/伊藤雅尚BS+35Laps(リタイア)6145NATTeam D.I.S & NTRS & CLUB bali & ポンポコRTスズキGSX-R600(2007)BLUE/土井宣広YELLOW/山下尚紀BS+45Laps(リタイア)62410NATK-max RT & KITヤマハYZF-R6(2016)BLUE/稲垣勝己YELLOW/目代祐紀BS+70Laps(リタイア)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します