現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿8耐|ジョナサン・レイが驚異の2分05秒台を記録! Kawasaki Team GREENが予選総合トップ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

鈴鹿8耐|ジョナサン・レイが驚異の2分05秒台を記録! Kawasaki Team GREENが予選総合トップ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで行われている2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの公式予選は、#11 Kawasaki Team GREEN(渡辺一馬/ジョナサン・レイ/レオン・ハスラム)が総合でトップを獲得。2回目のセッションでレイが鈴鹿8耐史上最速ラップとなる2分05秒168を叩き出した。

 各チームの3人(もしくは2人)のライダーの平均タイムで順位が決まる鈴鹿8耐の予選。1回目のセッションを終えた時点で#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップに躍り出ていたが、#11 Kawasaki Team GREENも0.129秒差で2番手につけていた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 最初のセッションでは他のバイクに引っかかった影響もあってか、思うようにタイムが伸びなかった#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行だが、2回目のセッションでは本領を発揮。それまでの自己ベストを0.6秒上回る2分06秒263を叩き出し、1回目にレイが記録した最速タイムを更新した。これで総合の平均タイムでも2番手以下に差をつけ、彼らの予選総合トップ獲得の可能性がさらに高まった。

 しかし、ライダーYELLOWの予選2回目になると、レイが新品タイヤをつけてコースイン。セクター1から中須賀を遥かに上回るペースで駆け抜け、全セクターでベストタイムを更新。それまでのベストタイムを1秒以上も上回る2分05秒168を記録、鈴鹿8耐で初めて2分05秒台が記録された瞬間となった。

 総合タイムでも、#11 Kawasaki Team GREENが僅かながら#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMを逆転しトップに浮上した。

 これで勢いに乗った#11 Kawasaki Team GREENは、ライダーREDのレオン・ハスラムも自己ベストタイムを更新し、2分06秒636を記録。一方の#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMはマイケル・ファン・デル・マークがアタックするも自己ベストタイムは更新できず。すでに決勝を見据えているのか、無理にタイムアタックせず早々にピットに戻った。

 その後は大きな順位の変動はなくチェッカーフラッグが振られ、#11 Kawasaki Team GREENが平均タイム2分06秒448で総合トップで予選を通過した。2番手には#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(平均タイム2分06秒770)、3番手#33 RedBull Honda with 日本郵便 (2分07秒373)となった。

 なお、今日の予選結果で11番手以下はグリッドが確定。トップ10のチームは明日に予定されている「トップ10トライアル」で決勝のスタートグリッドが決まる。

【2018鈴鹿8耐 予選結果(トップ10)】

1.#11 Kawasaki Team GREEN(2分06秒488)
2.#21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(2分06秒770)
3.#33 RedBull Honda with 日本郵便(2分07秒373)
4.#12 ヨシムラ スズキ MOTUL(2分07秒588)
5.#634 MuSASHi RT HARC PRO.Honda(2分07秒896)
6.#95 S-PULSE DREAM RACING IAI(2分08秒153)
7.#090 auテルル MotoUP RT(2分08秒184)
8.#7YART YAMAHA(2分08秒239)
9.#19 KYB MORIWAKI MOTUL RACING(2分08秒397)
10.#79 Team SuP Dream Honda(2分08秒765)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します