現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ:中嶋一貴と小林可夢偉が第5戦もてぎ欠場。代役はオリベイラと中山雄一

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

スーパーフォーミュラ:中嶋一貴と小林可夢偉が第5戦もてぎ欠場。代役はオリベイラと中山雄一

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は8月18~19日に開催する第5戦ツインリンクもてぎのエントリーリストを発表。並行参戦するWEC世界耐久選手権に出場する中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)と小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)の代役として、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、中山雄一が起用されている。

 全7戦で構成されている2018年のスーパーフォーミュラ。シリーズ終盤戦の幕開けとなるのが、このもてぎ戦だ。

    スーパーフォーミュラ『SF19』の第2回テスト、富士で開催。トヨタエンジン車、HALOが初登場

 発表されたエントリーリストでは全19台がエントリー。これまでFIA F2出場を優先してきた福住仁嶺も第1戦鈴鹿以来にスーパーフォーミュラへ参戦し、TEAM MUGENの15号車をドライブする。

 また、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSは第2戦オートポリス、第3戦スポーツランドSUGO、第4戦富士スピードウェイと同様に、トム・ディルマンを7号車のドライバーに起用する。

 しかし、この週末はWEC“スーパーシーズン”第3戦シルバーストンと日程が重なっており、WECにTOYOTA GAZOO Racingから参戦している一貴と可夢偉は欠場を強いられることになった。

 代役を務めるのは、VANTELIN TEAM TOM'Sはオリベイラ、carrozzeria Team KCMGは中山。どちらも2016年までスーパーフォーミュラに参戦したドライバーだけにSF14での経験は充分。今季から全戦で導入されているタイヤ2スペック制にどれだけ早く適応できるかがポイントとなりそうだ。

 一貴はドライバーズランキング4位タイ、可夢偉は第3戦SUGOで優勝目前の走りをみせているだけに、今回の欠場はファンには残念なニュースではあるものの、ひさしぶりの参戦となるオリベイラ、中山がどんな走りをみせるか楽しみなところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します