現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スパ24時間:マコウィッキら擁すマンタイ・レーシングにグリッド降格ペナルティが決定

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

スパ24時間:マコウィッキら擁すマンタイ・レーシングにグリッド降格ペナルティが決定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月26日に開幕したブランパンGTシリーズ第7戦トタル・スパ24時間に出場しているポルシェのワークスチーム、マンタイ・レーシングが28日の決勝レースで10グリッド降格ペナルティを受けることとなった。

 スパ24時間や鈴鹿10時間耐久を含むIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ、2018年からはブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップに911号車ポルシェ911 GT3 Rを投入してフル参戦しているマンタイ・レーシング。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ニュルブルクリンク耐久シリーズの強豪として知られる同チームは近年、ポルシェワークスチームとして世界各地で行なわれるGT3レースで活躍しており、今季のIGTC開幕戦バサースト12時間では終盤まで優勝争いを繰り広げた。

 そんなマンタイ・レーシングは7月26~29日にかけてベルギー、スパ・フランコルシャンで開催されている第70回スパ24時間にロマン・デュマ、フレデリック・マコウィッキ、ディルク・ベルナー組という布陣でエントリーし、26日の予選で暫定13番手を獲得。予選トップ20に入ったマシンが決勝のスターティンググリッドをかけて争う27日の“スーパーポール”でポールポジションを争う予定だった。

 しかし予選が実施された26日、事前のフリープラクティスに登場したデュマがピットレーンでの速度違反を複数回犯したとして、シリーズから2点のペナルティポイントを与えられてしまう。

 以前のレースでも同じ違反を犯していたデュマの累積ペナルティポイントは、今回の加点によって基準値を超過することとなり、その結果911号車ポルシェは28日の決勝レースのスタートを予選順位の10番手後方から迎えることとなった。

 なお、同日の走行セッションではマシンをシェアするマコウィッキも2度のピットレーンスピード違反を取られており、マンタイ・レーシングには合計430ユーロ(約5万5000円)の罰金が科せられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • koi*****|2018/07/28 20:55

    違反報告

    F1と比べると微々たる金額に見えちゃうけど、罰金もそこそこ痛い金額ですね。

    スピードリミッターとか付いてると思うんですが、設定値ミスってたのかな?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します