現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、不可解な不振が続いたバンドーン車のシャシーを交換。トラブル原因の特定は未だできず|F1ハンガリーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

マクラーレン、不可解な不振が続いたバンドーン車のシャシーを交換。トラブル原因の特定は未だできず|F1ハンガリーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンは、ハンガリーGPを前にここ2レース不振が続いていたストフェル・バンドーンのマシンのシャシーを交換することを決断した。しかしバンドーンは、チームはまだ問題の原因を解明できていないと話した。

 イギリスGPとドイツGPで、バンドーンは大苦戦。チームメイトのフェルナンド・アロンソと比べて大きく離されてしまい、ほとんどのセッションで最下位近くのポジションだった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 先週のドイツGPではアロンソがバンドーンを擁護し、自分のマシンと比べてバンドーンのマシンはダウンフォースが少ない状態だと認めた。チームは多くのパーツを交換し、状況の打開を図ったものの問題解決には至らず、マクラーレンはハンガリーGPでバンドーン車のシャシー交換を決定した。

「そうだ、僕たちはシャシーを交換した」とバンドーンは認めた。

「新品ではなくて、以前に使っていたものだけど、それは全く問題じゃない」

「僕がそうしてくれるよう、チームに頼んだんだ。過去数レースでは、多くのパーツを交換した。自分たちにできることをほぼ全て実行してみて、それ(シャシー交換)が残っている最後のピースだった」

「それをやるのは簡単なことではない。連戦の時は特にそうだ。だけど彼らはそれをやってくれた」

 しかしバンドーンは、チームはまだ問題の正確な原因を特定できておらず、金曜日のフリー走行でマシンを走らせてみるまでは、問題がシャシーに関連しているかどうか確信できないと認めている。

「『分かった、ここが問題の原因だ』と言えるような、特定のエリアがないのが現状だ」

「明日(金曜日)、問題の理解をさらに進めるため、いくつかテストをやることになる」

「何も問題がなければ、2台が揃って良いポジションにつくことを期待できるだろう」

「シルバーストンの時点からすでに、何かが起こっているのがチームにも分かっていた。だけど、それがシャシー関連の問題かどうかは見分けるのが難しい」

「現時点ではまだマシンをドライブしたわけではないので分からないが、疑念を取り除くためにできることは全てやっている」

 バンドーンが抱えていたトラブルの詳細について訊くと、彼はシルバーストンでの走り出し1周目から違和感を感じ、当初は自分自身の問題なのか疑問だったという。

「あらゆることについて考え始めた。だけどある時点でフェルナンドに対して、コーナーひとつも敵わないセッションがあった」

「そしてご存知の通り、コーナー1カ所すら敵わないときには、マシンに問題があることが分かる」

「問題を解決するために、かなりの努力をしている」と、バンドーンはチームを称え、通常の状態で迎えるレースを楽しみにしていると述べた。

「うまくいけば何の問題も無い状態で、ゼロからスタートすることができる。もう一度普通の週末を過ごすことができる」

「それは素晴らしい気分だろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します