現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿8耐:直前のライダー交代劇を演じたハルク・プロとモリワキが語る初日の手ごたえ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

鈴鹿8耐:直前のライダー交代劇を演じたハルク・プロとモリワキが語る初日の手ごたえ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで7月26日に開幕した世界耐久選手権の最終戦、鈴鹿8時間耐久ロードレース。チーム戦である耐久レースにおいて、開幕ひと月を切ってチームメイトの変更を余儀なくされたチームがある。そのうちの2チーム、MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaの水野涼とKYB MORIWAKI MOTUL RACINGの高橋裕紀に話を聞いた。

 ホンダのチームに、2018年鈴鹿8耐のエントリーリスト変更が相次いだ。ファクトリーチームであるRed Bull Honda with 日本郵便は、鈴鹿8耐開幕約1週間前に、当初エントリーしていたレオン・キャミアが公開合同テストで転倒した際に負った負傷により、鈴鹿8耐を欠場。変わってMuSASHi RTハルク・プロ.ホンダから参戦を予定していたパトリック・ジェイコブセンがレッドブル・ホンダwith日本郵便のライダーラインアップに名を連ねた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ジェイコブセンに代わってMuSASHi RTハルク・プロ.ホンダに加わったのは、ランディ・ド・プニエ。元MotoGPライダーであり、鈴鹿8耐では2017年にTSRホンダから参戦。3位表彰台に上った。MuSASHi RTハルク・プロ.ホンダは水野、ドミニク・エガーター、ド・プニエの布陣で鈴鹿8耐に挑むことになったのだ。

 このライダー交代について、初日セッションを終えた水野は「チームメイトが変わって、本来作ってあったセットアップを見直さないといけませんでした」と語る。しかし、そこまで大きな変更ではなかったようだ。

「ポジション、セットアップの方向性は、バラバラと言う感じではありません。3人ともだいたい同じような方向性です。そこで苦労する部分はないですね」

 とは言え、走行時間に少しばかり足りなさを感じているらしい。エガーターはMoto2ライダー、ド・プニエは元々鈴鹿8耐に参戦する予定ではなかった。

「今日の特別走行は、ドミニク(・エガーター)をメインで走らせることを方針としていました。ドミニクが、ドライコンディションの走行が今日初めてだったからです。いろいろトラブルがあって最初はうまく進まなかったのですが、最後にはそれも少し解決して、ランディもタイムを出してくれました。(ライダーが)変わったわりには、それほど悪いスタートではなかったと思います」

 さらに、台風接近により雨天が懸念される今週末についても「レインコンディションは1回目のテストで走っていて、それがドミニクとランディの3人だったんです。総じてタイムは遅くなかったし、雨でも手ごたえはありますよ」と自信をのぞかせる水野。

 ライダー交代劇が、プラス要素に働く可能性もありそうだ。

■開幕直前にライダー変更となったモリワキ
 そして、さらに開幕直前にライダー欠場が決まったのが、KYBモリワキMOTULレーシングだ。当初エントリーしていたダン・リンフットが、7月22日にブリティッシュスーパーパイク選手権(BSB)のレースで負傷。鈴鹿8耐を欠場することが決まり、変わってラタパー・ウィライローがKYBモリワキMOTULレーシングに加入した。KYBモリワキMOTULレーシングは高橋裕紀、清成龍一、ウィライローの3人で鈴鹿8耐を戦うことになったのだ。

 チームメイトの高橋は、「まずはダン選手の早期復帰を願いたい」と元チームメイトを気遣いながらも、現状についてこう語った。

「今日、急きょラタパー選手が走りましたが、ラタパー選手にはほぼ僕たちに合わせてもらうしかないので、変わったというのはまったくないです」

 ただ、ウィライローは2013年に現役を引退したライダー。マシンに慣れることはもちろん、走りの感覚を取り戻す時間も必要だ。

「ラタパー選手はブランクがあるので、まだ決勝を走るのか決まっていません。最悪の場合、(高橋と清成の)ふたりで走り切らなければいけないかもしれない、そのプランを主体に考えています。バイクのセッティングというよりは、作戦ですね。レースに対するプラン立てを今、やっているところです」

「今日の手ごたえは悪くはありませんでしたが上位陣は強いです。そこに、いかにミスなくついていけるか、ですね。(決勝レースがレインコンディションになる可能性が高いことについて)テストのレインも悪くなかったです。ただ、ずっと雨だったらいいですが、耐久レースだからそうもいかない思うので、そういうときの判断力とチーム力が試されるのかなと思います」

 作戦の練り直しに懸念される雨。KYBモリワキMOTULレーシングが鈴鹿8耐の頂点に立つには、険しい道が待っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します