現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCフィンランド:マシン改良の効果か。第8戦シェイクダウンでシトロエン最速、トヨタ3~4番手

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

WRCフィンランド:マシン改良の効果か。第8戦シェイクダウンでシトロエン最速、トヨタ3~4番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権は7月26日、第8戦フィンランドのシェイクダウンが行われ、マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)がトップタイムをマークした。

 2018年シーズンの後半戦初戦となるラリー・フィンランドは、グラベル(未舗装路)イベントながら道がフラットなため、WRCのなかでもっとも高速なバトルが繰り広げられる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ラリー・フィンランド開幕前のシェイクダウンは4.26kmのステージで行われ、走行2本目を終えた時点ではトヨタ勢がトップ2を占めていたが、3回目のアタックでオストベルグが1分54秒8のベストタイムを記録。これが最速タイムとなった。

 オストベルグに続く2番手タイムは僚友のクレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)が刻んでおり、今大会からフロントアクスルのジオメトリーが刷新されたC3 WRCがワン・ツー。3番手にヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)、4番手にオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が続いている。

 WRC公式サイトのWRC.comに対し「僕のドライビングスタイルに合うようマシンのセットアップに注力してきた」と語ったオストベルグ。

「もう少し走り込めば、マシン開発をこれまでとは違う方向へ進めることができるはずだ。今のところは僕が長年慣れてきたものとは違う考えのもと、ディファレンシャルに手を加えているよ」

「あとはマシンをチューニングしていくだけなんだ。必要なパーツはついているからね。スタビリティを改善したり、マシンのリアクションを見ることになる。ドライビングスタイルについてもリヤを重視した走らせ方からフロントを重視した走りに切り替えた」

 チャンピオン争いを展開しているティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)とセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)はヌービルが6番手タイム、オジエが9番手タイムだった。

 トミ・マキネン・レーシングからラリー・フィンランドに参戦する新井大輝(フォード・フィエスタR5)と勝田貴元(フォード・フィエスタR5)はクラス5番手、6番手でシェイクダウンを終えている。

 ラリー・フィンランドはこの後、現地19時(日本時間27日1時)にSS1が行われて開幕する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します