現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソがまさかのフェラーリ復帰か、元F1ドライバーが大胆予想

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

アロンソがまさかのフェラーリ復帰か、元F1ドライバーが大胆予想

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1の夏休みも目前に迫り、そうなると賑やかになってくるのが2019年のドライバーラインナップを巡る動向である。しかし今のところフェラーリ、メルセデス、レッドブルのトップ3チームに大きなドライバー交替の動きはなさそうで、あとは中団チームのイス取りゲームに焦点が移ると見られていた。

 ところがドイツGP後、英スカイスポーツF1のコメンテーターを務める元F1ドライバー、マーチン・ブランドルから、「アロンソがフェラーリに復帰する!」という爆弾発言が飛び出したのだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ブランドルによれば、アロンソ(あるいは彼のマネジャー)が、2019年の契約に向けて近いうちにフェラーリと接触を始めるという。

「フェルナンドはもうすぐ、フェラーリの新たなボスになったルイス・カミレーリと話し合いを持つはずだと、私は確信している。彼にとってはこれが、勝てるクルマに乗れるかどうかの最後のチャンスになるだろう。前戦ホッケンハイムでの予選のやり取りを聴く限り、フェルナンドの忍耐力は限界に来ていると考えるべきだ」と、ブランドルは自身の定期コラムで書いている。

■ミスを繰り返すセバスチャン・ベッテルに上層部が不満


 アロンソとマクラーレンの契約は、オプション付きで2019年までとなっている。しかし、一向に戦闘力の上がらないマシンパッケージに、アロンソのチームへの信頼は完全に失われてしまっている。もしフェラーリとの交渉がうまく行かなかった場合は、とりあえずマクラーレンに残留はするものの、2019年の最大の目標はインディ500に勝利して念願のトリプルクラウンを達成することになりそうだ。

 一方でフェラーリ側では、絶望的なミスを繰り返すセバスチャン・ベッテルと、年老いたキミ・ライコネンに対する不満が大いにくすぶっている。このふたりに比べれば、2010年と2012年にタイトル獲得の一歩手前まで行ったアロンソの方が、まだマシなのではないか。フェラーリの新上層部がそう考え、大ばくちに出る可能性もゼロではない。

 ちなみに新CEOのカミレーリは、ナオミ・キャンベルの恋人である。あまり知られていないが、ナオミ・キャンベルはトップモデルとしてのキャリアの大部分を、あのフラビオ・ブリアトーレがマネージメントしてきた。そしてブリアトーレは言うまでもなく、アロンソのマネジャーでもある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kir*****|2018/07/26 20:07

    違反報告

    新しいCEOの彼女がナオミキャンベルで、そのマネージメントをブリアトーレがしていた・・って、すごい話・・。個人的には今のフェラーリにアロンソが乗ってほしい。
  • man*****|2018/07/27 04:09

    違反報告

    アロンソが加わって
    セブとドロドロのやり合い巻き起こして
    チームがまた低迷してくのも一興かね。

    そんで散々かき乱して
    本人はサッサとインディに逃げてくみたいなw

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します