現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:LMP1新規定に興味を示すグリッケンハウスが“ハイパーカー”プロトタイプ発表

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

WEC:LMP1新規定に興味を示すグリッケンハウスが“ハイパーカー”プロトタイプ発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュルブルクリンク24時間レースを含むVLNニュルブルクリンク耐久シリーズに参戦しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は7月25日、『SCG 007 LMP1』と名付けられた新型プロトタイプカーのマシンイメージをSNSで公開した。

 VLNを走る『SCG 003C』とは外見が大きく異なるこのコンセプトモデルは、2020年からWEC世界耐久選手権/ル・マン24時間レースで採用される新たなLMP1“ハイパーカー”規定に沿ったものになっていると推測される。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 アメリカに本拠を置くスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスの創設者、ジェームズ・グリッケンハウスは以前、Sportscar365に対して「もし、FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブの下で、コストマネジメントが正確に行なわれるのであれば(2020年からの)ル・マン参戦に興味がある」と語っていた。

 レンダリングイメージとともにfacebookへ掲載された声明で、同社は1969年のフォード以後、初めてル・マンの総合優勝を勝ち取るアメリカン自動車メーカーとなることを目標に掲げている。

「SCGはコストをかけてでもLMP1プログラムを運営していく。たとえ(出場車が)1台だけであっても変わらず資金を投じるつもりだ」

「我々はSCG 007のロードバージョンと、1台のみのレースバージョンをそれぞれ製作し、この内ロードカーは25台限定で希望者に販売する。ここで得た利益はすべてル・マンのLMP1プログラムに投入される」

 今回デザインコンセプトが公開されたSCG 007について、SCGは詳細情報を一切に明らかにしていないが、市販バージョンの価格は未確定ながらも100万ドル(約1億1000万円)前後になるという。

 また、SCGは以前ニュルブルクリンク24時間で走らせた『SCG P4/5コンペティツィオーネ』で使用したハイブリッドに関する知識が、ハイブリッドシステムの搭載を義務付ける“ハイパーカー”規定で役立つと述べ、同様のシステムを新たなLMP1車両規則に準じた形で制作することが可能としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します