現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ元会長マルキオンネが死去。F1界から哀悼の声相次ぐ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

フェラーリ元会長マルキオンネが死去。F1界から哀悼の声相次ぐ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィアット・クライスラー・オートモービルズのCEO、フェラーリの会長およびCEOを務めたセルジオ・マルキオンネが死去したことが、25日、発表された。66歳だった。

 21日、フィアット・クライスラーとフェラーリは、マルキオンネの健康状態が悪く、職務に戻ることが難しいとして、彼の退任と後任人事を発表した。その数日後、フィアット・クライスラーは、マルキオンネが死去したことを明らかにした。
 マルキオンネは肩の手術を受けた後、合併症が発症したといわれている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 2004年、フィアットのCEOに就任したマルキオンネは、同社を破綻の危機から救い、立て直しに成功した。その後、クライスラーを傘下に収め、2014年にはフィアット・クライスラー・オートモービルズを誕生させた。

 自動車業界において大成功を収めたマルキオンネは、2014年にフェラーリのトップの座に就いた後は、F1においても大きな影響力を発揮していた。
■マルキオンネの突然の訃報に、F1界から哀悼の声が相次ぐ
 F1界からはマルキオンネの死を悼むコメントが多数、発表されている。

 F1会長チェイス・キャリーは「セルジオ・マルキオンネ氏が亡くなったことを心から悲しんでいる。彼はF1だけでなく自動車業界、ビジネス界全体における偉大なるリーダーだった」と語った。

「彼はF1に計り知れない貢献を行った。それと同時に我々の真の友人でもあった」

 FIA会長ジャン・トッドは「セルジオ・マルキオンネ氏が亡くなったことを聞き、深い悲しみに沈んでいる。彼の死は予想もしない、非常に悲しいものだ」と述べた。

「彼は自動車業界においてもモータースポーツにおいても大きな功績を残した。フィアット・クライスラー・グループの成功に力を尽くし、スクーデリア・フェラーリをトップに戻るため、エネルギーを注いだ」

 フェラーリチームからは次のようなコメントが発表された。
「フェラーリに所属する全員が、セルジオ・マルキオンネ氏のような勇敢なリーダーとともに働く機会を得たことを光栄に思っている。彼は知性的で人間味あふれる人物だった」         

 その他にも、メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフ、マクラーレン、レッドブル・レーシング、トロロッソ、ハース、ルノー、フォース・インディア、ウイリアムズなどチームや、フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ、シャルル・ルクレールなどドライバーたちからも哀悼の意を表すコメントが続々と発表されている。          

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します