現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「ペースがよくない。予選に向けてグリップ不足を解決する必要がある」:トロロッソ・ホンダ F1ドイツGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.21

ガスリー「ペースがよくない。予選に向けてグリップ不足を解決する必要がある」:トロロッソ・ホンダ F1ドイツGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ドイツGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=18番手/2=15番手だった。
                       
 この日は終日ドライコンディションの下、セッションが行われた。FP1ではソフトタイヤで走行をスタート。2セット目もソフトタイヤを選択し、マシンのセットアップを進め、1分16秒071のタイムで18番手(32周走行)だった。

 FP2ではミディアムタイヤでコースイン。セッション開始約30分後にウルトラソフトに履き替え、アタックシミュレーションに取り掛かった。終盤にはミディアムタイヤでのロングランを行い、予定した作業を完了した。FP2での自己ベストタイムは、1分14秒793(44周走行)で15番手だった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=18番手/2=15番手
 ペースに苦しんだ一日だった。グリップ不足に苦労しているんだ。今言えるのは、グリップを向上するために必死に努力する必要があるということだけだ。

 明日に向けてマシンパフォーマンスを向上するため、できるだけ効率的に作業を行っていくしかない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します