現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「トラブルフリーでプログラムを消化。土日の天候の変化を考慮してセッティングを進めていく」:F1ドイツGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.21

ホンダ田辺TD「トラブルフリーでプログラムを消化。土日の天候の変化を考慮してセッティングを進めていく」:F1ドイツGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ドイツGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=18番手/2=15番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=15番手/2=16番手だった。

 この日は終日ドライコンディションの下、セッションが行われた。FP1ではガスリー、ハートレーともにソフトタイヤで走行をスタート。2セット目もソフトタイヤを選択し、マシンのセットアップを進めた。両者は順調にプログラムを消化、ハートレーは1分15秒864で15番手(36周走行)、ガスリーは1分16秒071のタイムで18番手(32周走行)だった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 FP2でふたりはミディアムタイヤでコースイン。セッション開始約30分後にウルトラソフトに履き替え、アタックシミュレーションに取り掛かった。終盤にはミディアムタイヤでのロングランを行い、予定した作業を完了した。FP2での自己ベストタイムは、ガスリーは1分14秒793(44周走行)で15番手、ハートレーは1分14秒830(45周走行)で16番手だった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 久々にレースのない週末を挟んで少しリフレッシュしたあと、再度ここドイツでレース週末に挑んでいます。

 初日は非常に高い気温の下での走行になりました。PUとしては予選と決勝に備え、タイムアタックとロングランのプログラムによってデータを収集し、トラブルなく一日を終えました。

 明日は雨の可能性がありますが、決勝日はドライになるとの予報が出ています。それを考慮してセッティングを進めていく必要があります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します