現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グランプリのうわさ話:フォース・インディア買収を全力でサポートするリバティ・メディア

ここから本文です
スポーツ 2018.7.18

グランプリのうわさ話:フォース・インディア買収を全力でサポートするリバティ・メディア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

    シーズン中の離脱か、契約延長か。ライコネンの去就に、相反するふたつの噂

 リバティ・メディアはなんとしてもビジェイ・マリヤをF1界から追放したい意向で、フォース・インディアを買収したいと考える候補者の数は増え続けている。

 この件ではウイリアムズの現状と今後の見込みの薄さにしびれを切らしたランス・ストロールの父親ローレンスが、買収候補者リストのトップに浮上しているという。ローレンスは昨年支払った額に対する今季のウイリアムズの結果に不満を抱いているのだ。

 またフォース・インディアのスポンサーであるBWTも候補に上がっており、こちらはメルセデス代表トト・ウォルフが支持をしている。この場合の目的はフォース・インディアをメルセデスのジュニアチーム化することである。

 さらにはイギリスのエナジードリンク会社であるリッチエナジーも手を上げているものの、こちらはどちらかというと宣伝行為だと考えられる。4つ目の候補者はアレキサンダー・ロッシの父ピーターが率いる合弁会社で、アメリカの投資家やマイケル・アンドレッティ、ザック・ブラウンも関与している。

 またオースティンにF1を誘致したタボ・ヘルムンドも未公開株式投資ファンドのキャッスルハランとともに、チーム買収を目的に動いているという。マリヤに残された時間は少ないため、彼は近いうちに決定を下さなければならないが、新たなチームオーナーが誰になるのかは今のところ未定だ。

続きはF1速報WEBで掲載中
■計画的なメルセデスの組織変更
 メルセデスF1がテクニカル部門の組織変更を行なったという発表は驚きを持って迎えられたが、この変更は以前から計画されていたものであり、最近チームに影響を及ぼしている一連の問題に起因するものではないという。
■前途多難はレッドブル若手育成ドライバー
 19歳のダン・ティクタムを2019年シーズンのF1に昇格させようとするレッドブルの計画は、FIAがテスト用スーパーライセンスの発給を拒否したことによって頓挫しそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します