現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マーク・ウェーバー「F1はファンとドライバーが遠すぎる」と指摘も、急激な変化には慎重な姿勢|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.17

マーク・ウェーバー「F1はファンとドライバーが遠すぎる」と指摘も、急激な変化には慎重な姿勢|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1ドライバーのマーク・ウェーバーは、F1ではファンとドライバーとの距離が遠すぎると指摘、F1の中でドライバーたちの存在が小さくなることで、シリーズ自体が危機にさらされる可能性があると語った。

 しばしば、F1はファンに対して扉を閉ざしていると批判されている。一方、今季WEC(世界耐久選手権)にデビューしたフェルナンド・アロンソは、WECのようにF1のパドックを開放すれば、ドライバーはこれまで以上にファンから”隠れる”ようになるとコメントしていた。

    ホンダ、今季中に更なる性能向上を目指す。カナダGPで投入したスペック2の”活用法”を理解するのが鍵?

 2015年のWECチャンピオンであり、テレビの取材でF1とも関わりを続けているウェーバーは、ファンとの距離感については慎重に決断を下すべきだと、アロンソの意見に同意した。

「ドライバーはヒーローであり、触れ合ったりするのが難しい存在である必要があるので、非常に慎重でなければならない」と、ウェーバーはmotorsport.comに話した。

「しかし彼らへのアクセスとソーシャルメディアの面では、少し遠くなりすぎてしまったかもしれない。我々は、彼らの職業が矮小化されないように気をつけなければならない」

「例えば(スイス出身、プロテニス界のレジェンド)ロジャー・フェデラーは、ウィンブルドンの前にインタビューを受けることはしないだろう」

 ポルシェに所属しWECタイトルを獲得したウェーバーは、ポルシェ創立70周年をテーマとした今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FOS)に出席した。

 チケットが完売し15万人もの観客が訪れたこのイベントから、F1が学ぶべきものはあるかと訊かれると、ウェーバーは「素早い意思決定とオープンさ、本物であるということ、ファミリーに優しいということだ。ここには小さい子どももいるし、お年寄りやお母さんやお父さんがいる」と答えた。

「誰もが楽しめるものがあるんだ。ちょっとした花火やモトクロスなんかね。そういった多様性を持つべきだ」

「リッチモンド公爵(FOSの主催者/チャールズ・ゴードン-レノックス)は、常にそれを考えている」

「(FOSは)世界で最高のイベントだ。誰が2位かも分からないが、長く続いている」

「現代社会では、こういったイベントが許可されるのは難しい。しかし公爵は決断を下すことができる。彼は非常に積極的でダイナミックだ。それが、現代社会が失ってしまったものだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matt Kew)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します