現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ルノーからホンダPUに変更することで、大きなメリットを得られる」とレッドブルのフェルスタッペン

ここから本文です
スポーツ 2018.7.17

「ルノーからホンダPUに変更することで、大きなメリットを得られる」とレッドブルのフェルスタッペン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マックス・フェルスタッペンが、ホンダにはパワーユニットを大きく向上させられるポテンシャルがあるとの考えを示すとともに、レッドブル・レーシングにとってはパワーユニットマニュファクチャラーのワークス待遇を得られることは大きなメリットであると語った。

 レッドブルは今季末でルノーとの12年にわたるパートナーシップを解消し、ホンダのパワーユニットを搭載することを決めた。ホンダは今年からトロロッソのパートナーとしてF1活動を行っており、2019年からはレッドブルとトロロッソの2チームにパワーユニットを供給する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ホンダは今年は大きな進歩を見せているとはいえ、昨年までの3年間には問題を多数抱え、苦戦してきた。そのため、ホンダを選んだレッドブルの決断に疑問を持つ者もいるが、そういう見方に対し、フェルスタッペンは「(2019年まで)あと半年ある。その間にホンダは懸命に作業に取り組むはずだ」と答えた。

「来年問題が出るより今出た方がいい。彼らは大きく進歩したと思う。すでにルノーより遅くはない」
 2チームへの供給を行うホンダは、レッドブルとの契約発表の際に「供給先チームをワークス/カスタマーと定義づける考え方は成立しない」として、チャンピオン経験チームであるレッドブルがワークスとして扱われるのではないかとの見方を「必ずしもそうではない」と否定している。

 しかしフェルスタッペンは、ワークスチームを持つルノーからパワーユニットの供給を受けている現状を考えれば、ホンダとの提携によってレッドブルが得られるメリットは大きいと語った。

「普通は(カスタマーよりワークスの方が)良いものだ」とフェルスタッペン。
「毎戦アップデートを入れられる。ルノーでは何でもまずはファクトリーチームに行き、その1戦か2戦後に僕らのところに来るんだ。理解はできるけど残念だ」

 トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、ホンダのパフォーマンスは悪くないとして、レッドブルの決断を支持する発言を行っている。

「ここまでホンダに何か問題があると思ったことはない」とトストがORFに語った。
「マクラーレンがどういうことを経験したのか知らないが、(ホンダの)エンジンは聞いていたほどひどくなかった」
「十分良いエンジンだ。それを向上させるために我々は協力し合って取り組んでいる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hor*****|2018/07/17 11:15

    違反報告

    思った程悪くないけど
    良くもなかったのかな?
    まあ、トストさんが言うように
    使い方や、コースにあったマッピングだろうけど
    熟成出来るように、とりあえず壊れないように
    しないと。
    何もならない!
  • amb*****|2018/07/18 12:19

    違反報告

    たんに ホンダにプレッシャーをかけているのかな? プレッシャーかけても、できないことはできないな。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します