現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパー耐久 第4戦】スリーボンド日産自大GT-Rが今季2度目のポールポジション

ここから本文です
スポーツ 2018.7.15

【スーパー耐久 第4戦】スリーボンド日産自大GT-Rが今季2度目のポールポジション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のピレリ スーパー耐久シリーズ第4戦が14日、大分県のオートポリスで開幕。公式予選はST-XクラスのNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-R(内田優大/藤井誠暢/平峰一貴)が今季2度目の総合ポールポジションを獲得した。

気温30度と真夏日となったオートポリス。最近では、0.001秒を争う僅差の予選タイムアタック合戦が見られるST-Xクラスだが、その中でも24号車が頭一つ抜け出る。Aドライバー予選では内田優大が1分49秒717をマークすると、Bドライバー予選で藤井誠暢が1分49秒116を記録。合計3分38秒833で今季2度目のポールポジションを獲得した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

2016年のチャンピオンチームである24号車だが、今年はトップ争いに絡む走りを見せるも未勝利の状態。藤井は「マシンセッティングに関しては決勝に向けて良い方向に仕上がっている」と自信をみせていた。

2番手には、こちらも今季未勝利のNo.3ENDLESS GT-R、3番手にはNo.83 Phoenix Racing Asia R8が続いた。

その他のクラスではST-TCRがNo.98 FLORAL CIVIC TCR、1台のみエントリーのST-1クラスはNo.47 D’station Porsche Cupがクラスポールポジションを獲得。

ST-2クラスはNo.6 新菱オート☆DIXELエボX、ST-3クラスはNo.14 岡部自動車MBTネットワークス T-MAN Z34、ST-4クラスはNo.86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo.2 TEAM 221ロードスターがクラストップとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 吉田 知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します