現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポール獲得の98号車CIVIC TCR。加藤寛規「この流れで決勝も乗り切りたい」|スーパー耐久第4戦オートポリス

ここから本文です
スポーツ 2018.7.15

ポール獲得の98号車CIVIC TCR。加藤寛規「この流れで決勝も乗り切りたい」|スーパー耐久第4戦オートポリス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートポリスでのスーパー耐久第4戦。TCR車両で争われるST-TCRクラスは#98 FLORAL CIVIC TCRがポールポジションを獲得。同チームのBドライバーを務める加藤寛規は、週末の良い流れを決勝にも繋げたいと語った。


 昨年から始まっているST-TCRクラスで初代チャンピオンに輝いた加藤。今年は#98 FLORAL CIVIC TCRからエントリーし飯田太陽、高橋一穂とともに参戦している。開幕戦から上位争いを展開し速さを見せているものの、決勝では不運なトラブルなどに見舞われ、今季はまだ未勝利となっている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 今回の第4戦はウエイトハンデが軽いこともあり、予選ではライバルを圧倒。今季2度目のポールポジションを獲得した。


「チームが細かくいろんなデータを見て、クルマを合わせてくれたので、予想以上のタイムが出ました」

 そう語る加藤は、チームメイトの飯田と高橋もいい状態で乗れているとのことで、決勝に向けて良い流れを維持していきたいと語った。

「自分の中でもミスした部分があったので、どうかな? とは思ったんですけど、まさか1分57秒台が出るとは思わなくてビックリでした。そういう意味では、素晴らしいクルマを用意してくれたチームに感謝です」

「また飯田選手、高橋選手も、いい状態でみんな良いタイムを出せているので、今のところは流れが良い週末になっていると思います。この流れで何とか決勝を乗り切りたいなと思います」

 一方、同じCIVIC TCRを使い、現在クラスランキング首位の#97 Modulo CIVIC TCRは、今回65kgものウエイトハンデを背負っていることもあり6番手で予選を終えたが、決勝でのレースペースに関しては自信があるとのこと。今週末のCIVIC TCR勢の活躍に注目が集まるST-TCRクラスの決勝となりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します