現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2:ストール多発の原因を特定。次戦ハンガリーからスタンディングスタート復活へ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.12

FIA F2:ストール多発の原因を特定。次戦ハンガリーからスタンディングスタート復活へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第6戦オーストリアと第7戦イギリスで暫定的にローリングスタートが採用されていたFIA F2は、次戦ハンガリーから通常通りのスタンディングスタートに戻される見込みだ。

 2018年から新車が導入されたF2は、初戦からエンジンストールを起こすマシンが相次いでいた。第1戦バーレーンのレース2では5台のマシンがエンジンストールしたほか、第4戦モナコのレース2では牧野任祐がエンジンストール、後続のマシンに追突されリタイアを喫している。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 マシンに対策を施した第5戦フランスでも状況は改善されず、F2は“安全上の理由”により暫定的にスタート方式をローリングスタートへと変更。第6戦オーストリアと第7戦イギリスでは、セーフティカーランからの再スタートと同じ手順で、スタートが切られていた。

 そんなF2だが、第8戦ハンガリーからスタンディングスタートが復活する見込みとなった。

 エンジンサプライヤーのメカクロームは、イギリスでのレース後、全てのエンジンを回収しストール多発の原因を特定。ハンガリーの週末を前に、対策を施したアップデート版のエンジンとクラッチをチームに供給する。

 また、チームには新品のタイヤが1セット供給され、スタート練習のために走行距離100km以内でのテスト走行が許可されるという。

 FIAのレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングはCrash.netに対して、「今回行われた変更に強い自信を持っている」と語り、以下のように続ける。

「全てのエンジンをメカクロームに戻し、全てが良いものかを確認した。そして彼らはエンジンストールの原因を特定した」

「ドライバーがクラッチを繋ぎたいところで、十分なエンジントルクが得られず、ストールが発生していたようだ」

「チームがハンガリーに到着する前に、すべてが期待通りに機能することを確認し、練習する時間を十分取れるようにしたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します