現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 創立70周年を記念し『レンジローバー・イヴォーク』に3種類の特別仕様車が登場

ここから本文です
スポーツ 2018.7.12

創立70周年を記念し『レンジローバー・イヴォーク』に3種類の特別仕様車が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランドローバーのブランド創立70周年を記念し、同社の誇るレンジローバー・ラインの末弟である『レンジローバー・イヴォーク』に3種類の特別仕様車『RANGE ROVER EVOQUE FREESTYLE』、『RANGE ROVER EVOQUE FREESTYLE PLUS』、『RANGE ROVER EVOQUE HALEWOOD』が登場。7月7日より受注開始となっている。

 この2018年で誕生70周年を迎えたランドローバーのブランドヒストリーは、当時ローバー社のエンジニアリング・ディレクターを務めていたモーリス・ウィルクスが、同じく当時マネージング・ディレクターであった兄のスペンサー・ウィルクスに、イギリス。アングルシー島にあるレッド・ワーフ・ベイの砂浜に初代『LAND ROVER』のスケッチを描いて提案したことが誕生のきっかけとなり、1948年4月30日、アムステルダム・モーターショーで『LAND ROVER Series I』を世界初披露したことで始まった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 その長きに渡る伝統と技術の蓄積を記念し、2010年の登場以来、高いデザイン性と実用性に定評がある『レンジローバー・イヴォーク』の魅力を、さらに際立たせた3種類の特別仕様車が設定された。

 エントリーグレードのSEをベースとした『FREESTYLE』は、レーンデパーチャーワーニング&自動緊急ブレーキに、オートヘッドライトレベリングシステム付キセノンヘッドライト、ヘッドライトパワーウォッシャー、フロントフォグライトにオートハイビームアシストを装備。

 さらにハンズフリーパワーテールゲートや、前席シートヒーターなど快適装備も充実させており、その内容に加えてSE PLUSをベースとした『FREESTYLE PLUS』では、さらにセキュリティ機能のプロテクトや、通信機能のコネクトプロを追加している。
 そしてランドローバーの製造地を名称に採用した『HALEWOOD』は、キューアシスト機能およびハイスピード・インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキアシスト付のACCや、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクションなどを備え、3モデルとも安全性を高めるドライバー支援システムやコネクティビティを強化する最新機能など、人気の高いオプション(約50~80万円相当)を標準装備しながら、通常グレードより価格を抑えたアフォーダブルな設定とされている。

 パワートレーンは、ジャガー・ランドローバー社が設計から生産までを手がけたオールアルミニウムの2リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル(最高出力180PS、最大トルク430Nm)と2リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン(最高出力240PS、最大トルク340Nm)で、エクステリアカラーは『FREESTYLE』、『FREESTYLE PLUS』ではフジホワイト、ナルヴィックブラックの2色。『HALEWOOD』は、メタリックペイントを含む全9色が用意されている。

 受注受付期間は9月30日までとなり、価格は499万9000~699万9000円となっている。
Land Roverウェブサイト:http://www.landrover.co.jp
ランドローバーコール(フリーダイヤル):0120-18-5568
ランドローバー70周年特設サイト:https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/70years.html

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します