現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1代表、イギリスGPでクラッシュしたグロージャンに不満「また同じことが起きてしまった」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.12

ハースF1代表、イギリスGPでクラッシュしたグロージャンに不満「また同じことが起きてしまった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、チームのドライバーであるロマン・グロージャンがグランプリの週末にアクシデントを起こす傾向があることに、不満を募らせている。

 グロージャンはオーストリアGPで4位という素晴らしい成績を上げ、彼にとって2018年初となるポイントを獲得したことで、ようやく一連の不運から脱したかに見えた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露


 しかし、連戦となったイギリスGPではまた以前の調子に戻ってしまったようだ。初日のフリー走行1回目ではセッション中盤にスピンしタイヤバリアに激突、クラッシュしたマシンを修復するため午後のセッションに出走できなかった。

 またイギリスGP決勝のオープニングラップではチームメイトのケビン・マグヌッセンに接触、37周目にはルノーのカルロス・サインツJr.と競い合うなかでクラッシュを喫し、今季4回目のリタイアとなってしまったのだ。

 シュタイナーは、レース後にグロージャンが1周目の接触についてマグヌッセンに謝罪したと述べた。チームメイトの同士討ちが発生したものの、シュタイナーはマグヌッセンが9位でフィニッシュし、チームがポイントを獲得したことに安堵したという。

「このことを運が悪かったせいだと言うつもりはないが、少々不満に思っている」とシュタイナーはグロージャンの最近の逆境について語った。

「我々はロマン(・グロージャン)が調子を上げていくことに期待していたが、今ではまた落ち込んできてしまっている。そこからまた抜け出す必要があるだろう。我々はこの状況から脱していく。それはいつだって大変な作業だ」

「毎回、我々は彼にとってすべてがうまくいくよう願っているが、また同じことが起きてしまった。もちろん対処していくが、簡単なことではない」

「私は彼を支えていくだろう。なぜならチームとして成功したいし、そのためには彼を支える必要があるからだ」

 しかし、シュタイナーがグロージャンを支えると繰り返す一方で、グロージャンに対する彼とチームの忍耐が尽きそうにも見える。

「こうしたことを続けることはできない。シーズンの半分が終わるところだが、我々は自分たちのミスのせいで多くのポイントを失っている。それは本当に受け入れがたいことだ」

「我々は毎回のレースウイークで最大の力を出して、ポイントを獲得する必要がある。立ち止まるのではなく、前に進むことが我々には重要なのだ」

「私はロマンを支えるし、それは私の義務だ。なぜなら私はチームの成功を気にかけているからだ。これはあとどのくらい続くのだろう?重大な節目がいつ来るのか私には分からない」

「まだその段階は来ていない。しかし、前にも言ったように、どこかの時点でポイントのロスを阻止する必要がある。そこが転換点となるだろう」    

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します