現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アウディ、前身のアウトウニオン製レースカー2台をグッドウッドにエントリー

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

アウディ、前身のアウトウニオン製レースカー2台をグッドウッドにエントリー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトウニオンの誇るシルバーアロー、25周年を迎えたフェスティバル・オブ・スピードへ

◆アウディトラデションは『アウトウニオン・タイプC』レーシングカーと『バンダラー ストリームライン・スペシャル』を出展

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

◆イギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは25周年を迎える

2018年7月6日 インゴルシュタット:
 シルバーアロー(Silver Arrows)の通称を持ち、アウディの前身であるアウトウニオンが誇るレーシングカーが、グッドウッドのシルバージュビリー(25周年)を祝います。
 
 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは世界最大のヒストリックモータースポーツイベントとして知られ、25年目となる今年は7月12日~15日に開催されます。
 
 アウディトラディション(Audi Tradition)は100年以上にわたる自身のヒストリーから、シルバーに輝くレーシングカー2台をエントリーリストに載せました。1936年製アウトウニオン・タイプC(Auto Union Type C)と、1939年製バンダラー ストリームライン・スペシャル(Wanderer Streamline Special)です。

 グッドウッドに詰めかける20万人の観衆にとって、アウトウニオン・タイプCは旧知の仲でしょう。このクルマの出走は、これまでイベントのハイライトであり続けてきました。
 
 520psを発生するV型16気筒エンジンはドライバーの背後にミドマウントされ、かつてアウトウニオン・タイプCは340km/hという途方もない最高速に到達しました。1936年に初めて公開されたとき、このクルマはそのあまりに未来的なエンジニアリングによって、人々を驚嘆させました。同じ年、名手ベルント・ローゼマイヤーのドライビングによって、ヨーロッパ選手権とドイツ・ヒルクライム選手権を獲得しています。
 今年、アウトウニオン・タイプCのステアリングを握るのは、ハンス-ヨアヒム・シュトゥックです。この事実は、アウディスポーツ史上のドライバーたちにとって、意義深いことです。
 
 なぜならば1930年代、シュトックの父ハンスはアウトウニオンチームのメンバーであり、ことヒルクライムレースとなれば、ほぼ無敵を誇った名ドライバーでした。ハンス-ヨアヒム・シュトゥックは、シルバーアローをドライブするときには必ず、父が実際に使っていたレーシンググローブとゴーグルを身に着けます。

 アウディトラデションがイベントの25周年に向けて送り込むもう1台は、バンダラー ストリームライン・スペシャルで、グッドウッドでお披露目されるのは初めてです。80年前、アウトウニオンAGはこの流麗なマシンを3台投入し、当時世界でもっとも過酷と言われたリエージュ・ローマラリーを戦いました。
 
 リエージュ・ローマ間を往復する全行程は4000km超におよび、約100時間のレース時間中、給油以外の停車はほとんどできず、車速は最低でも50km/h以上が要求されました。
 
 1938年にはフィニッシュラインを超えられたのは、全エントラントのうち3分の1。1939年には出走した51台のうち21台のみが完走しました。既述の3台のバンダラー・レースカーは、すべてこの21台のうちに含まれています。その結果バンンダラーは、ワークスチームにとってもっとも重要な賞であったブランドランキングを獲得しています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します