現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WTCR:苦戦続いた元F1ドライバーのモルビデリが契約解除の憂き目。後任は24歳の若手セコン

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

WTCR:苦戦続いた元F1ドライバーのモルビデリが契約解除の憂き目。後任は24歳の若手セコン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のWTCR世界ツーリングカー・カップに参戦しているチーム・ミュルザンヌは、レギュラードライバーとして起用している元F1ドライバーのジャンニ・モルビデリとの契約終了を発表。7月13~15日のスロバキアラウンドから新たに24歳の若手、ケビン・セコンを起用するとした。

 イタリアを拠点に活動するミュルザンヌは、今季のWTCRにアルファロメオ・ジュリエッタTCRを投入し、モルビデリ、ファブリツィオ・ジョバナルディの2名を起用するオールイタリアン体制で臨んでいる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 しかし、現在50歳のモルビデリは競争の激しいWTCRで思うように速さを発揮できず、またマシントラブルにも苦戦。今季ここまでの5ラウンド/15レースを終えてのベストリザルトはオランダでの第4ラウンドで獲得した13位に留まっている。

 この現状を受けてチームは10日に短い声明を発表。元F1ドライバーとの“プロフェッショナルな関係”が終わりを迎えたとして、事実上の更迭を発表した。

 週末には第6ラウンドにあたるスロバキア戦が控えていることもあり、チームは11日に後任ドライバーについて発表。これまでAuto GPやGP3を戦ってきたセコンを起用することを明らかにした。

 2011年にAuto GPのシリーズチャンピオンに輝き、17歳の若さでGP2(現FIA F2)への昇格を果たしたセコンは、フォーミュラを中心にレースキャリアを積んできたが、近年はELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズやブランパンGTにも活動の幅を広げている。

「ロメオ・フェラーリとチーム・ミュルザンヌに声をかけてもらえたことに感謝している」とセコン。

「2018年はレーシングドライバーとして活動できていなかったから、こんなチャンスが来るなんて思いもしなかった。FIA WTCRはテレビで見ていたし、一度コメンテーターを務めている。そんなレースに参戦できるなんて夢が叶ったような気分さ」

「未だに信じられないけど、スロバキアに向けて気合は充分だ! かなりタフなチャレンジになるけど、110%の力を発揮してアルファロメオ・ジュリエッタTCRをドライブしてみせる」

 ロメオ・フェラーリのマネージャーを務めるミケーラ・セルッティは「ケビン・セコンはシングルシーターで実力を証明している若きドライバーだ。WTCRでいきなり実戦を迎えるのはタフかもしれないけど、彼の才能を信じている」とコメントしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します