現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、フェラーリが最近見せる”スーパースタート”に対抗すべく、ファクトリーでの作業を進行中|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

メルセデス、フェラーリが最近見せる”スーパースタート”に対抗すべく、ファクトリーでの作業を進行中|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスはフランス-オーストリア-イギリスの3連戦すべてでポールポジションを獲得した。しかし決勝では、フェラーリのスタートの良さに悩まされている。

 まずフランスでは、バルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にスタートで追いつかれ、結局接触という末路を辿った。オーストリアではフロントロウを独占しながらも、3番グリッドスタートのキミ・ライコネン(フェラーリ)の中央突破を許しそうになった。また、記憶に新しいイギリスGPでは、1周目にハミルトンがライコネンと接触することとなり、勝利を逃した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 メルセデスのトラックサイド・エンジニアリング・ディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、スタートのセットアップパターンを改善しようとしていると語る。

「このことを理解するために、我々は今週、ファクトリーで多くの仕事をしている」

 ショブリンはメルセデスのYouTube向け動画でそう語った。

「もしポールポジションを得たならば、フェラーリ同様のスタートを切らねばならないことを、我々は理解しているからだ。それが、ホッケンハイム(次戦ドイツGP)でやろうとしていることだ」

 シルバーストンでの”出遅れ”の原因について、ショブリンは次のように語った。

「簡単な答えは、ホイールスピンしていたということだ。予想していたよりも、グリッドのグリップが少なかった」

「我々はそこでスタートの練習を行い、そしてシルバーストンで、実際にグリッドからスタートした」

「しかし、日曜日には何らかの理由で、期待していたようなスタートが全くできなかった。ホイールスピンをするとすぐにトラクションを失ってしまい、ポジションも失ってしまったのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します