現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > NASCAR:第29戦シャーロットはシリーズ史上初&最長距離のロードコース戦として開催

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

NASCAR:第29戦シャーロットはシリーズ史上初&最長距離のロードコース戦として開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モンスターエナジーNASCARカップのチャンピオン決定戦“プレーオフ”3戦目にあたる9月30日決勝の第29戦シャーロットが、プレーオフ史上初のロードコース戦となることが発表された。

 全36戦で構成されるNASCARシリーズの終盤10戦で行われるプレーオフは、第26戦終了時点でランキングトップ30位以内にいるレースウイナー、または未勝利でもランキング上位につけているドライバー計16名によって争われるチャンピオン決定戦で、2016年まではチェイスの愛称で親しまれてきたもの。

    NASCAR第18戦:40台中20台がリタイアの大混戦で、トヨタの22歳ジョーンズがカップ戦初優勝

 そんなプレーオフはこれまでオーバル戦でのみ争われてきたが、2018年のプレーオフ第3ラウンドにあたる第29戦シャーロットはプレーオフ/チェイス史上初のロードコース戦として行われることが7月9日にアナウンスされた。

 大会名称は『バンク・オブ・アメリカ・ROVAL 400』となり、レース距離は400キロ。こちらもNASCARのロードコース戦としては最長距離となる。

 コースレイアウトは1.5マイルのオーバル部分とインフィールドのロードセクションを組み合わせた構成で、全長は2.28マイル(約3.6キロ)。全部で17のコーナーで持つトラックで争われる。

「これは歴史的瞬間であり、これまでに見たことのないエンターテインメントを提供するという取り組みの新たなチャプターだ」と語るのは、サーキットを運営するスピードモータースポーツのマーカス・スミスCEO。

「NASCAR史上初の600マイルレースやオーバルでのナイトレースのように、我々が開催するバンク・オブ・アメリカ・ROVAL 400はファンの記憶に留まり続ける1戦となるだろう」

「9月28~30日の大会期間中、我々は歴史的かつドラマティックで、忘れられないレースの目撃者となるのだ」

 またNASCARの副社長兼チーフレースオフィサーであるスティーブ・オドネルも「シャーロットでのプレーオフ戦に向けて何度もテストを重ねてきた結果、今回の(400キロという)レース距離は妥当なものだと考えている」とコメントした。

「このレース距離は熱心なファンに最高のレースを届けるために必要な長さだと確信しているよ」

 なお、シャーロット・モーター・スピードウェイでは、9月末の本戦に向けて7月10日と17日の2日間、テスト走行が行われる。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します