現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー、オーストリア”ブリスターショック”を引きずる。その対策として立案した”ハードタイヤ使用戦略”が大成功|F1イギリスGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.10

ルノー、オーストリア”ブリスターショック”を引きずる。その対策として立案した”ハードタイヤ使用戦略”が大成功|F1イギリスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーは、オーストリアで経験したタイヤの”ブリスターショック”が、ニコ・ヒュルケンベルグがイギリスGPの6位獲得に繋がる戦略に結びついたと語る。

 イギリスGPでルノーは、唯一無二の戦略を採用した。ほとんどのマシンがソフトタイヤでスタートする中、ニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツJr.はミディアムタイヤでのスタートを選択。その後、ソフトタイヤに交換するのが定石だが、彼らはハードタイヤへの交換を選んだ。今回のレースでハードタイヤを使用したのは、ルノーのふたりのみであった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 その後、セーフティカーが出動した際にサインツJr.はソフトタイヤへと交換したが、ヒュルケンベルグはハードタイヤのままチェッカーフラッグまで駆け抜け、トップ3チームに次ぐ6位フィニッシュを果たした。

 ルノー曰くこの戦略は、サインツJr.がオーストリアGPでタイヤのブリスターに苦しめられたために、選択したものだったという。しかも今季のルノーのマシンR.S.18が、基本的にはタイヤに厳しいマシンであるということは、広く知られていることだ。

「これは、我々のクルマの特性のために採った戦略だった」

 ルノーのマネージング・ディレクターであるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対してそう語った。

「我々はまだ、オーストリアのショックを引きずっている。その時の戦略は、カルロスに起きたブリスターにより、完全に破壊された。それがなければ、素晴らしいレースになっただろう」

「今回の戦略は、このような状況から来ている。数日間のうちにいろいろと学び、そしてミディアムとハードを使う決定を下したんだ」

「我々はハードタイヤを使った唯一のチームだった。そのタイヤは金曜日の午後にテストし、そして他のチームと比較して、良いペースを持っていることが分かった。だから、その戦略でいくことを決めた」

 ルノーはタイヤに”厳しい”という特性に対処しようと懸命に働いているが、アビテブールは、適切な解決策を手にするまでには時間がかかることを認めている。

「他のチームよりもずっと、タイヤに厳しいマシンであることは理解している。それは事実だ」

 そうアビテブールは語る。

「ライバルたちもそれは知っているから、隠すべきことは何もない。だから、ダウンフォースの面などに取り組むことで、それに対処しようと集中している。特に今回のような非常にバンピーで高速コーナーが沢山あるようなサーキットでは、タイヤには多くのエネルギーがかかり、劣化することになる」

「その問題はわかっているし、解決策があることも理解している。しかし、それには時間がかかる」

 アビテブールは、シルバーストンで”4番目のチーム”の座を手にすることなど、期待していなかったと認める。

「マシンの特性やパフォーマンス不足、またその他の要因を考慮すれば、遅れをとるコースになると考えていた。しかし我々は、その状況を一変させることができたと思う。それは素晴らしいことだ」

「この後の2戦を楽しみにしている。マシンやコースの特性を考えれば、我々にとってはより有利なはずだ。だから、直接のライバルよりも優位に立てることを期待している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します