現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2:フェルッチ、僚友マイニに“故意の接触”。2大会出場停止処分に

ここから本文です
スポーツ 2018.7.10

FIA F2:フェルッチ、僚友マイニに“故意の接触”。2大会出場停止処分に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライデントからFIA F2に参戦するサンティノ・フェルッチに対し、2大会4レースの出場停止処分が科せられた。

 アメリカ出身のフェルッチは、2016年からハースF1のテストドライバーを努め、2017年シーズンはDAMSからGP3に6レース参戦。その後シーズン途中からトライデントに移籍しF2にステップアップ、2018年は引き続きトライデントからF2にフル参戦していた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そんなフェルッチは、F2第7戦イギリスレース2終了後のクールダウンラップ中、チームメイトのアルジュン・マイニに接触。チームはこれが故意による接触だったと証言したため、レーススチュワードはフェルッチに対し聞き取り調査を申し出た。

 しかしフェルッチがこれを拒否。これを受けレーススチュワードはフェルッチに対してハンガリーとベルギーの2大会4レース出場停止処分を下し、6万ユーロ(約783万円)の罰金を科した。

 また、フェルッチは同じくイギリスレース2、ターン4でマイニを意図的にコース外へ押し出しており、レーススチュワードは再度聞き取り調査を申し出た。しかし、フェルッチはまたしても聞き取り調査を拒否し、レース2のリザルトから除外されている。

 このほかにフェルッチは、パドック内でマシンを移動する際に、グローブを外しスマートフォンを操作していたことも発覚しており、これに対しては6000ユーロ(約78万円)の罰金が科されている。

 一連のレースウイーク中の行動についてフェルッチは、自身のツイッターに謝罪文を掲載。そのなかでフェルッチは「F2レースでの日曜日の行動に心からお詫びする」としている。

「私はこの件について恥ずかしく思っている。スポンサー、トライデント、仲間であるドライバー、ハース、FIA、F2、ファン、友達、家族に対し謝罪する」

 またフェルッチは、父親とともに、僚友のインド人ドライバー、マイニを侮辱する発言を繰り返していたことも発覚している。

 トライデントはチームの公式ツイッターを通じて声明を発表。「彼(マイニ)がフェルッチとフェルッチの父親から受けた、非スポーツ的な耐え難い行動について、チームは連携し支えていく」とした。

「契約については弁護士によって処理される。これまでの12年間の活動のなかでこのようなことが起きたことはなかった。我々はこのことについて謝罪する」


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します