現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロズベルグ、ライコネンのハミルトンへの激突は「100%意図的じゃない」と分析|F1イギリスGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.10

ロズベルグ、ライコネンのハミルトンへの激突は「100%意図的じゃない」と分析|F1イギリスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触したキミ・ライコネン(フェラーリ)の動きは、意図的なモノではなかったと語る。

 ハミルトンとメルセデスは、イギリスGPで接触したライコネンの動きについて、意図的だったのではないかと疑うコメントを発した。しかしロズベルグは、この件は単純にライコネンのミスだったと考えている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ロズベルグはその理由として、オーストリアでベッテルをライコネンの前に先行させなかったことを挙げた。フェラーリはライコネンを、セバスチャン・ベッテルにタイトルを獲らせるための”ナンバー2”として扱っているわけではないと、ロズベルグは主張するのだ。

 ロズベルグは自身のYou Tubeブログで、次のように語った。

「今回のことの答えは簡単だ。100%意図的ではない」

「オーストリアでも、我々はそれを見た。キミはセバスチャンのためにドライブしているわけではない。オーストリアでキミは2位、セバスチャンは3位に入った。彼らはそれを考慮しなかった」

「キミは自分のためにドライブしている。キミは完全にミスを犯した。ロックアップして、魚雷のようにルイスに突っ込んでしまった」

「キミとしてはとても珍しいことだ。普通、彼はそういうことは起こさない。だから、少し奇妙ではある。しかし決して意図的ではなく、10秒ペナルティとペナルティポイント2点を得るのに値する動きだった」

 なお、ハミルトンも自身のインスタグラムで、ライコネンからの謝罪を受け入れ、”故意”だと示唆したことについて「時には僕らは、愚かなことを言ってしまうこともある」と語った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します