現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WTCR代表、ワイルドカード枠の再評価を検討。「ほかのカテゴリーで活躍するヒーローを見たい」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.9

WTCR代表、ワイルドカード枠の再評価を検討。「ほかのカテゴリーで活躍するヒーローを見たい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WTCR世界ツーリングカー・カップのプロモーターを務めるフランソワ・リベイロは、チャンピオンシップ2年目となる2019年シーズンに向け、他のトップレベル・カテゴリーに参戦しているドライバーたちがより多く参戦可能となるよう、ワイルドカード枠のシステムを再評価する意向だと語った。

 2018年のWTCRは25台のグリッドが固定されているが、各イベントでは開催地の地元ドライバー向けに2台のワイルドカード枠が設定されており、広くエントリーを募っている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 シリーズ創設初年度の開幕戦を務めたモロッコでは、このシステムはスキップされていたものの、第2戦のハンガリーでは選手権の前身となるTCRインターナショナルや、今季は同ヨーロッパに参戦するアッティラ・タッシとダニエル・ナジーがエントリー。第3戦のドイツ・ニュルブルクリンクでは、DTMドイツ・ツーリングカー選手権王者のレネ・ラストがチームWRTのアウディRS3 LMSをドライブし、KCMGはTCRヨーロッパやドイツで活躍するスイス人、クリス・リチャーズを走らせた。

 さらに第4戦オランダではベルンハルト・ファン・オラニエ公とマイケル・ヴェルハーゲンが、地元ヴァス・コーテン・レーシングからエントリーしたが、リベイロ代表は「我々としては、今後もどんなドライバー・プロフィールを持ったワイルドカード枠利用が続くのか、プロモーターとして前もって把握していく必要があるだろう」と語った。

「私が、もっとBTCC(イギリス・ツーリングカー選手権)のチャンピオンやオーストラリア出身のドライバーたちを見たいと思うのは、自然なことだと思わないか?」と、ファン視点でのワイルドカード枠運用を語るリベイロ。

「我々はワイルドカード枠に関して“地元ドライバーに資格を与える”としか明記しなかった。これだとイギリス人やオーストラリア人は、英国、豪州での開催がなければ事実上参戦不可能だということになる」
「私が見たいと思っているのは、他のカテゴリーで活躍しているヒーローたちであり、そこでチャンピオンを獲得してきたような実力者たちだ」

「なぜバイクのチャンピオンが参戦してはいけないんだ? なぜラリークロスの王者がグリッドに並ばない? 仮に(ジョーカーラップ制度が適用された)ポルトガルのヴィラレアル戦に(WorldRX王者のヨハン・)クリストファーソンが参戦していたらどうだろう?」

「私にとって、彼がフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRをドライブしてWTCRに参戦するという考えはまっとうなもので、実現していれば素晴らしい話題となっただろう」

「あるカテゴリーで成功を収め、また別の異なるシリーズに挑戦するというのは、モータースポーツの世界ではつねに良きストーリーとなる」

「F1からインディやル・マンにチャレンジしたフェルナンド(アロンソ)が好例だろう。彼を見て興奮しないファンはいないんだ。ツーリングカーはどんなドライバーにとってもアクセスしやすいカテゴリーであるし、ここでそれが実現できていなければならないはずだ」

 今週末開催の第6戦スロバキアリンクに向けては、2017年FIA欧州ツーリングカー・カップ王者のペトル・フリン(セアト・クプラTCR)と、欧州ヒルクライム選手権やGTカテゴリーのトップコンテンダー、アンドレ・スタデニック(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のワイルドカード枠エントリーが発表されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します