現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「ハートレーは、パワーユニット組み付け作業時の不具合によりリタイア」:F1イギリスGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.9

ホンダ田辺TD「ハートレーは、パワーユニット組み付け作業時の不具合によりリタイア」:F1イギリスGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは13位、ブレンドン・ハートレーはリタイアという結果だった。

 ガスリーは14番グリッドからソフトタイヤでスタート、その後、ミディアムに交換。セーフティカーが出動した際にピットインしたガスリーは、ユーズドのソフトに履き替え、2度目のセーフティカーが導入されると11番手に順位を上げる。残り3周の時点でガスリーはセルジオ・ペレスを抜いて10番手となり、ポイント圏内に入ると、その位置でチェッカーフラッグを受けた。しかしオーバーテイク時に接触があったため、審議がなされ、その結果、ガスリーが接触したことでペレスはポジションを落とさざるを得なかったとの判断により、ガスリーに5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2が科された。これによりガスリーの正式リザルトは13位となった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ハートレーは、FP3でサスペンショントラブルのためクラッシュし、予選に出場できなかったものの、決勝はピットレーンからのスタートが認められた。モノコックは交換され、パワーユニットもクラッシュの影響を確認するために交換。この際に6基目のICE(エンジン)、5基目のMGU-Kが導入された。

 しかしハートレーはレコノサンスラップに出た際にマシンに異常が見つかり、レースまでに解決することができず、レースで1周走ったのみでリタイアとなった。ホンダによると、ハートレーのトラブルは、レース後の解析の結果、前夜に行ったパワーユニットの組み付け作業での不具合(コネクタ)にあったことが分かったということだ。
■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 週末を通して、非常にタフなホームレースになりました。特に土曜に起きたブレンドンのクラッシュの後は、ピエールのマシンのサスペンション交換、ブレンドンのマシンのモノコック/PU交換など、限られた時間の中でトロロッソ、ホンダ双方のメカニックとエンジニアが懸命に作業を行いました。それだけに、レースでピエールが最後までねばり強い走りをみせ、ラスト2周というところですばらしいオーバーテイクによりポイントを獲得したことは、チームの努力に報いるものになりました。(注:ペナルティ裁定前のコメント)    
   
 ブレンドンについては、レース前のレコノサンスラップでマシンに異常が見つかりました。レース前に懸命に修復を試みたものの、残念ながら問題の解決には至らず、1周走行したのみでリタイアさせなければなりませんでした。この問題に関しては、結果的に前日のPU交換作業での組み付け作業時の不具合が原因であったことが分かっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します