現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 イギリスGP】大混戦のレースを制したのは、残り5周でトップに立ったベッテル[写真追加]

ここから本文です
スポーツ 2018.7.9

【F1 イギリスGP】大混戦のレースを制したのは、残り5周でトップに立ったベッテル[写真追加]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1第10戦イギリスGPの決勝レースが8日、シルバーストンサーキットで開催され、残り5周でトップに立ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝した。

大混戦となった決勝レース。ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)は順位を落とし、直後にキミ・ライコネン(フェラーリ)と接触してコースアウト。ハミルトンは最後尾まで転落した。

    フェラーリ ポルトフィーノは先代カリフォルニアTと別モノに進化していた

トップに立ったのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だったが、レース終盤にセーフティーカーが入ったタイミングでタイヤ交換を行い、バルテリ・ボッタス(メルセデス)にトップを譲った。

残り11周でレースが再開され、ボッタス、ベッテル、ハミルトン、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ライコネン、ダニエル・リカルド(レッドブル)の順で大接戦、大混戦のバトルが繰り広げられ、力技でボッタスをオーバーテイクしたベッテルが今季4勝目を飾った。

最後尾から追い上げたハミルトンが2位。ライコネンが3位。残り5周までトップを走っていたボッタスは4位でチェッカーを受けた。

トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーがわずか1周でリタイヤ。ピエール・ガスリーは粘りの走りを見せ、10位でチェッカーを受けた。

F1イギリスGP 決勝結果(暫定)

1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)

3. キミ・ライコネン(フェラーリ)

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)

5. ダニエル・リカルド(レッドブル)

6. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

7. エステバン・オコン(フォースインディア)

8. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

9. ケビン・マグヌッセン(ハース)

10. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

11. セルジオ・ペレス(フォースインディア)

12. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)

13. ランス・ストロール(ウィリアムズ)

14. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)

15. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

以上完走

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します