現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 イギリスGP】トップ3が0.1秒差、ハミルトンがホームGPでポールポジションを獲得

ここから本文です
スポーツ 2018.7.8

【F1 イギリスGP】トップ3が0.1秒差、ハミルトンがホームGPでポールポジションを獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1第10戦イギリスGPの予選が7日、シルバーストンサーキットで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が最後のラップで渾身の走りを披露。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を逆転してポールポジションを獲得した。

フリー走行はルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムを分け合い、予選もQ1はベッテル、Q2はハミルトンがトップタイムを記録し、2人が一歩も引かない状況で予選Q3を迎えた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

まずタイムを出してきたのはハミルトンだったが、直後にベッテルが1分25秒936を記録してトップに浮上。そして最後のラップでハミルトンが「どんなふうに走ったのかわからないぐらい集中したラップだった」とレース後に語るほどの渾身の走りで1分25秒892をたたき出し逆転トップ。ベッテルも追ったがタイムを更新できず、ハミルトンが地元イギリスGPで今季4度目、自身76度目のポールポジションを獲得した。

0.044秒差でベッテルが2番手、0.098秒差でキミ・ライコネン(フェラーリ)が3番手と、トップ3は大接戦の予選となった。以下バルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ダニエル・リカルド(レッドブル)と続き、ハースのケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンが7番手、8番手につけた。

トロロッソ・ホンダは苦戦。フリー走行3でブレンドン・ハートレーのサスペンションが壊れクラッシュ。マシンの修復が間に合わず予選を走行できなかった。このトラブルからサスペンション交換を義務付けられたピエール・ガスリーはQ2には進んだものの、14番手で予選を終えた。

F1イギリスGP 予選目結果

1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分25秒892

2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分25秒936

3. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分25秒990

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分26秒217

5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分26秒602

6. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分27秒099

7. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分27秒244

8. ロマン・グロージャン(ハース)/1分27秒455

9. シャルル・ルクレール(ザウバー)/1分27秒879

10. エステバン・オコン(フォースインディア)/1分28秒194

11. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分27秒901

12. セルジオ・ペレス(フォースインディア)/1分27秒928

13. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分28秒139

14. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分28秒343

15. マーカス・エリクソン(ザウバー)/1分28秒391

16. カルロス・サインツ(ルノー)/1分28秒456

17. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)/1分29秒096

18. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分29秒252

--. ランス・ストロール(ウィリアムズ)/No Time

--. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/No Time

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yk1*****|2018/07/09 13:54

    違反報告

    メルセデスは直線番長だなーコーナーではフェラーリー
    の方が断然速かった。ハミがベッテルに抜かれたのも
    コーナーですね。その後、直線でDRS使っても抜け
    なかった。今年はフェラーリーが強いのでF1はとて
    も面白いわー。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します