現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第10戦イギリスGP予選トップ10ドライバーコメント

ここから本文です
スポーツ 2018.7.8

F1第10戦イギリスGP予選トップ10ドライバーコメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第10戦イギリスGP予選トップ10に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?


 あのアタックに僕のすべてを注ぎ込んだ。これまで僕が走った予選のなかでも、最も難しいラップだった。このマシンからあのタイムを出すためには限界を超えなければならず、そうなると1周をうまくまとめ上げられなくなる可能性も大いにあった。だからこそ、やり遂げられたことに感謝している。

 僕には常にファンがついていてくれると分かっていた。コースに出ていくたびに、応援してくれているのが見えた。このサーキットでは本当に熱狂的な応援を受けているんだ。それが僕にとってはすごく大きい。本当に勇気づけられるんだ。

 ファンのため、ポールをつかめるよう祈っていた。彼らの応援には心から感謝している。彼らがいなければ成し遂げられなかっただろう。

 明日はスタートとタイヤマネジメントがレースの鍵となる。できる限り良い走りができるよう、今夜、チームの皆に会いに行き、頑張っていこうと言うつもりだ。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=2番手


 今日は(ポールポジションのルイス・)ハミルトンとの差が0.05秒以下だった。つまり僕のアタックは彼のものとほぼ同等だったということだ。

 Q3最初のアタックには満足しているが、最後のランではストレートで大きくタイムをロスしてしまった。理由は分からないけれど、あれがなければポールは可能だった。それでも明日のレースはうまく戦えるはずだ。それから今日は首に痛みがあったけれど、明日までには良くなるよ。

 ポール争いでメルセデスに勝つことができなかったけれど、僕らはチームとして大きく前進できた。サーキットに来ているスタッフも、ファクトリーにいるスタッフも、皆がベストを尽くしてくれたので、全員を祝福したい。マシンは調子が良く、僕らは去年よりも速かった。

(首の痛みについてF1公式サイトに語り)今朝は予選で走れるという自信すらなかった。(FP3では)走行を切り上げなければならなかった。でも予選は問題なく戦えた。原因は分からないけれど、首がこわばってしまっていた。でもほぐすための処置をしたし、夜寝れば大丈夫だろう。決勝は予選よりペースが遅いから問題ないはずだ。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=3番手


 Q3最後のランでは、最後からふたつめのコーナーでフロントを少しロックさせてしまい、間違いなくそこでタイムを失った。完璧なラップをまとめ上げることは難しく、改善の余地は常にあるものだけど、これが今日僕らが出した結果だ。

 今日はもっと速く走るための材料は揃っていた。ターン16の入口でロックしてしまい、それでトップに立てるだけのタイムを出せなかった。

 今のところマシンの調子は良く、セットアップなどもスムーズに進んでいる。明日はもっと良い一日になることを願っていよう。

 3番手は理想的ではないが、ひどく悪くもない。暑いコンディションが僕らの助けになるかどうかは分からない。昨日ロングランを走り、それによって大まかなアイデアは得たけれど、日曜日はまた話が変わってくるし、コンディションも少なからず変化するだろう。

 明日はベストを尽くし、どこまで行けるかを見ていく。長いレースになり、タイヤにとってはかなり難しくなるだろう。良いスタートを切って正しい選択ができるよう、努力する。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 予選=4番手


 がっかりしている。今日はペースが良かったし、すべてがうまくいっていたにもかかわらず、最後のふたつのコーナーでタイムを失ったんだ。ターン16に深く入りすぎてコンマ数秒をロスし、4番手にまで落ちてしまった。このミスがなければ、今日はポールポジションをかけて戦えたと思う。

 フェラーリは昨日の段階ですでに強そうだったし、今日は僕らとの差がとても小さかった。明日も同じように接戦になると予想している。明日、彼らを抜くのは簡単ではないだろうが、このコースでオーバーテイクが成功するシーンは過去に見たことがあるし、もっと上を狙うチャンスはまだあると思っている。

 先週のオーストリアではタイヤにブリスターが出てしまったから、この高い気温を考えるとタイヤを良いコンディションに保つことが明日の鍵になる。長く暑いレースで、厳しい戦いになるだろうが、楽しみにしているよ。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=5番手


 マシンに進歩が見られ、今日の予選にはとても満足していた。ただ、ストレートで1秒かそれ以上の後れを取ってしまっては難しい。このコースが僕らにとってどんどん不利になっていることが残念だよ。

 最終的に僕らは0.8秒遅れだったけれど、自分たちの仕事にはかなり満足しているし、マシンのパフォーマンスは本当に良かった。後悔はないが、もう少し馬力があったらと思う。

 明日は厳しくなるだろうし、幸運な出来事がなければ5位あたりでフィニッシュすることになるだろう。それが僕らのマシンの持つペースだからね。でも少しの運があれば順位を上げることができる。退屈なレースにならないことを望んでいるけれど、現状では僕らは争う相手がないまま走ることになるかもしれない。確かにレースではストレートでのロスが少なくなるだろうが、それでも0.5から0.6秒ほどだから、かなり大きい。
  
 今季はつまらないレースになると予想していると実際には面白くなったりするから、ファンの人たちにはテレビを消さないで見ていてほしいな。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=6番手


 今日は難しい一日だった。悔しい結果だよ。Q3での自己ベストとなるランではターン4からターン6の間でDRSが作動しておらず、大きくタイムを失ったんだ。でもその前の時点ですでにロスしていたんだけどね。

 最近のシルバーストンは馬力がものをいうコースになっている。多くのコーナーが全開で抜けられるようになっていて、ターン1、2、9はもはやコーナーとは呼べない。つまり、馬力がすべてなんだ。

 ストレートでどれだけ失っているか分かっているというのに、その上にDRSまで使えないという状況には本当に苛立った。

 昨日の時点で、3列目よりも前を獲得するのは難しいだろうと分かっていたから、マシンをレース寄りにセッティングした。それが明日、実を結ぶことを祈ろう。どんどん暑くなって、タイヤが重要な要素になることを願っている。1ストップのレースになれば僕らのチャンスは限られたものになるが、境界線上になれば面白いことになる。
     
 僕らはまだフェラーリとメルセデスに大差をつけられているけれど、レースでは事態が変わり得るから、明日は何か少し違うものがもたらされればいいなと思っている。オーストリアでは、それほど速さがなかったにもかかわらずレースでは状況が変わった。それを考えると希望を持てるよ。

■ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 予選=7番手


 楽しかったよ。僕らは全中団チームとの“B選手権”に焦点を置いているんだ。皆がとても近いところで戦っているからプレッシャーは大きいが、今日の僕らは7位と8位を獲得し、ハースがトップ3以外では首位だ。“B選手権”のポールポジションだから、とてもうれしい。良いポジションだ。僕らは前を見ているのではなくて、後ろを見ている。だからまさにポールポジションみたいなものだ。

 レースになれば、前のドライバーたちは、遠ざかっていくだろう。難しいことではあるが、1周目を同じポジションのままで切り抜けることができれば、クリアなコースを走ってタイヤをいたわるレースができると思う。どうなるかな。今日は良い土曜日だったし、明日に向けて良いスターティングポジションを確保できた。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=8番手


 とても満足だよ。(FP1でクラッシュしたことで)昨日は午後をまったく走れず、午前中もソフトで1周しか走れなかったことを考えると、いい具合にリカバリーできたと思う。今朝のセッションは赤旗が出て、楽なFP3ではなかったけれど、2台のマシンが7番手と8番手に入るところまで来ることができた。僕らにできた最高の走りだったと思うから、これには大満足だ。

 最後のアタックは全力を出し切ったわけではないが、それは正しいことだったと思う。チームにとって7番手と8番手は驚くべき結果だし、良いレースを走れるだろう。オーストリアと同じだけの運に恵まれればうれしいけどね。でも僕らふたりがこのポジションをうまく守り、そこからプッシュして自分たちのレースができれば、いい結果になると思うよ。

■アルファロメオ・ザウバーF1チーム
シャルル・ルクレール 予選=9番手


 今回もQ3で予選を終えられたことに、とても満足している。チーム全体にとって素晴らしいことだ。彼らが努力してくれたおかげだよ。ここからはレースに集中するよ。明日も良い位置でフィニッシュするためには、同じように作業に取り組んでいかなければならない。最終的に肝心なのはそこなんだ。

 今日頑張ってくれたチームに感謝している。明日またマシンに乗り込むのを楽しみにしているよ。

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
エステバン・オコン 予選=10番手


 直近の2戦ではQ3進出を逃していたから、トップ10に戻って来られてとてもうれしいよ。僕らは前進しているし、パフォーマンスの向上に満足している。でもこれからも努力し続ける必要がある。

 明日のレースはポイント圏内からスタートすることになるし、僕らは通常1周のペースよりもレースペースの方が優れているから、自信を持って戦える。

 中団グループは現状かなりの接戦になっているので、明日も激しい戦いになるだろう。特に僕の後ろにはルノーとチームメイトのセルジオ(・ペレス)が控えていて、どちらも懸命に攻めてくるだろうからね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fvg*****|2018/07/08 19:50

    違反報告

    つまらないね。マンセルだってセナだってハッキネンだって苦労して勝った30勝だったし40勝だった。今は勝てるチーム、車だったら年間10勝は当たり前だもの。てことはメルセデス、フェラーリだったら50勝くらい勝ててしまうし。ハミルトン、ベッテルの為のグランプリなのか?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します