現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:マクラーレンを辞職したブーリエが、ほんの少しだけ本音を告白

ここから本文です
スポーツ 2018.7.8

F1 Topic:マクラーレンを辞職したブーリエが、ほんの少しだけ本音を告白

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスGP直前に、マクラーレンのレーシングディレクター職を解任されたエリック・ブーリエ。マクラーレンのザク・ブラウンCEOはシルバーストンのパドックで、「前日にブーリエから辞職の申し出があり、承認した」と語っていたが、その言葉を信じる関係者は誰もいない。 

 2018年型マシンの戦闘力不足の責任を取って、テクニカル・ディレクターのティム・ゴスが解任された時点で、次はブーリエだと誰もが思っていたからだ。フランスGP前に勃発した『チョコバーゲート』事件でブーリエが矢面に立たされたことも、彼の地位の危うさを印象づけた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 解任直後、ブーリエにごく近かったフランス人ジャーナリストが彼個人の携帯に連絡して、話を聞くことに成功した。それによれば「自分から辞任を申し出た」ことは、やはりまったく事実ではないと言明したとのことだ。

 その上でブーリエは、「解任を申し渡されたことに、正直驚いた」と言っていたという。そう認識していたことにはむしろこちらが驚くが、本人はまだ十分にチームを率いて行くつもりだったということだ。

「それ以上のことは、今は言えない」とブーリエは言って、電話を切った。チームとの契約がまだ残っているいわゆるガーデニング休暇状態で、チーム内の情報を漏らしてはいけないのだろう。

「しかしブーリエは、そんなに落ち込んでないはずだ」
 そう断言するのは、マクラーレンスタッフの内部告発を記事にして、『チョコバーゲート』を勃発させたイギリス人記者のジョナサン・マクボイだ。

「もうすでに他にチームにコンタクトを取り始めてるだろうし、彼を雇うところは必ず出てくる。そう遠からず、またF1に戻ってくるよ。それに彼はマクラーレンで、100万ポンド(約1億5千万円)の年俸をもらっていたという話だ。再就職を急ぐ必要も、元々ないということさ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します