現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、サスペンション全交換で予選出場「状況を考えれば悪くない結果だが、ストレートでの遅さが問題」:トロロッソ・ホンダ F1イギリスGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.8

ガスリー、サスペンション全交換で予選出場「状況を考えれば悪くない結果だが、ストレートでの遅さが問題」:トロロッソ・ホンダ F1イギリスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14番手だった。
                         

 FP3でブレンドン・ハートレーが走行中に左フロントサスペンションが破損し、大クラッシュ。チームはトラブル原因を探り、ガスリー車のチェックも行ったため、ガスリーもFP3はほとんど走れずに終わった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 FIAの意向でチームはサスペンションを交換した上でガスリーを予選に出走させた。

 ガスリーはQ1では3回アタックを行い、1分28秒399で15番手となりQ1を突破。Q2では最初のアタックは中古のソフトタイヤで行った後、2回目に新品ソフトで1分28秒343を記録し14番手となり、Q2で予選を終えた。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選=14番手
 今回の週末は順調なスタートを切ることができず、いくつか問題があって十分な走行を行えなかった。それを考えれば、悪くない予選だったと思う。

 FP3でブレンドンがクラッシュした後、僕らはフロントサスペンションを全交換し、それによってセットアップも変更することになった。つまり予選には手探りの状態で臨んだんだ。

 でもチームは予選に向けて迅速に対応し、作業を間に合わせてくれた。そしてマシンの感触はとても良かった。ガレージで素晴らしい仕事をしてくれた皆に感謝したい。

 GPSで確認すると、僕らはコーナーでは良いけれど、ライバルと比べてストレートでロスしているので、彼らと戦うのは簡単ではないだろう。でもレースは明日だし、訪れるチャンスをしっかりつかんでいいレースをしたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • toy*****|2018/07/08 09:06

    違反報告

    ホンダエンジンはまだ遅いのか

    どうしようもない会社だな
  • tro*****|2018/07/08 15:50

    違反報告

    見出しの書き方が問題
  • hln*****|2018/07/09 11:28

    違反報告

    エンジンは大丈夫見たいですね。見ていればわかる。今年いっぱいトロロッソ STR13はここまででしょう。 ラッキーにも、4位を取ったバーレーンはトップからやく 2秒遅れでした。あれから
    今現在、1.5差くらいです。
    だから トロロッソが、遅い訳ではなく ザウバー、ルノー、ハースが伸びたんです。 STR13は去年の、シャーシーだから かてないからトロ臭いだのかっかしなくてもいいですよ。
    来年から honda搭載マシンは色々結果を出しそう。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します