現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのハートレー、イギリスGPのFP3で突如左フロントサス破損トラブル。原因は調査中も、モノコックを交換して決勝出走へ|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.7

トロロッソ・ホンダのハートレー、イギリスGPのFP3で突如左フロントサス破損トラブル。原因は調査中も、モノコックを交換して決勝出走へ|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスGPのフリー走行3回目で、走行中に突然左フロントサスペンションが壊れるというトラブルに見舞われたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー。ハートレーのマシンはすぐに修復することができないほどのダメージを負ったため、ピットレーンからの決勝スタートを目指し、修復が行われることとなった。

 トロロッソは事故原因を調査しているが、現在のところ不明。適切な検査が行われるまで、判断を保留するようだ。ただ、ウイッシュボーンに不具合があった可能性が考えられている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 チームメイトのピエール・ガスリーにも同様のトラブルが発生することを防ぐため、ハートレーの事故後はコースインしなかった。しかしその後、サスペンションを丸ごと新しいモノに交換し、予選出走を果たした。

「理由が分からなかったので、ガスリーをガレージに戻した」

 トロロッソのチー代表であるフランツ・トストは、motorsport.comに対してそう説明した。

「ロワウイッシュボーンがこの事故の原因だと推測しているが、正直言って100%確信することができていない」

「それが、ピエールをコースに送り出さなかった理由だ。リスクが高すぎるんだ」

 その後、予選までにチームはサスペンションの交換を終えたが、トスト代表は次のように語った。

「何も起こらないことを願っている」

 ガスリーのマシンに装着されたサスペンションは、異なるロットのモノなのかどうかと尋ねられたトスト代表は、次のように説明する。

「正直に言って、同じロットのモノなのかどうかは分からない。しかし、もう一度何かが起きるのを防ぐために、できる限りすべてのことをやろうとしている」

 またトスト代表曰く、コースがこの問題の原因となったかどうかも不明だという。

「それは正直分からない。ただ、通常起こることではない。これらの部品は、すべて7ポストリグを使って事前テストが行われている。我々が行う疲労試験は非常に多い。だから、それが起こったのかということについて、少し驚いている」

「我々は調査を行う。そしてなぜそれが起きたのかを知るために、特別機関にパーツを送ることになる」

 またハートレーのマシンの状況について、トスト代表は次のように語った。

「モノコックがダメージを負っている。したがって、交換しなければならない。そして明日のレースに向け、すべての準備が整うことを願っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します