現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DRSを開いたままクリアするターン1に賛否。ストロールは肯定派「鈴鹿130RでもDRSを開きたい!」|F1イギリスGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.7

DRSを開いたままクリアするターン1に賛否。ストロールは肯定派「鈴鹿130RでもDRSを開きたい!」|F1イギリスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シルバーストン・サーキットで行われているF1イギリスGP。今年のイギリスGPは、オーバーテイクを促進するため、メインストレートに3つ目のDRSゾーンが設定されている。

 最終コーナー立ち上がりでDRSを作動させた後、次のブレーキングポイントであるターン3(ヴィレッジ・コーナー)まで、DRSを使うことができる。ただ、ターン1(アビー)はダウンフォースを必要とするため、一度DRSを手動で閉じるという操作が必要となる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしFP1でのロマン・グロージャン(ハース)のように、DRSを閉じる操作が一瞬遅れると、マシンのコントロールを失ってしまう可能性がある。そのためルイス・ハミルトン(メルセデス)らは「無意味だし、ただ危険なだけ」と、メインストレートに設定されたDRSゾーンに否定的な見方をしている。

 しかし一方で、ウイリアムズのランス・ストロールは、DRSを開いたままターン1をクリアすることに好印象を持っているようだ。

「(3つ目のDRSゾーンは)良いと思うよ。少しチャレンジングだと思う」

 そうストロールは語った。

「僕はまだ、DRSを開けたままターン1をクリアしていないけど、何台かのマシンはそれをやっていた。そのDRSゾーンは、ドライバーに少しチャレンジを与えてくれると思う」

 ストロールは他のサーキットでも、同様のDRSゾーンが設定されることを期待している。特にストロールは、鈴鹿の130Rを楽しみにしているようだ。

「うまくいけば、他のサーキットでもこういうことを見ることができるだろう。鈴鹿の130Rも、そうだったら良いね。僕らは(DRSを)開くことができるはずだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Additional reporting by Jamie Klein and Oleg Karpov)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します