現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、シルバーストンでPU交換もペナルティはなし。前戦トラブル発生のPUは調査へ/F1イギリスGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

ボッタス、シルバーストンでPU交換もペナルティはなし。前戦トラブル発生のPUは調査へ/F1イギリスGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今週末のイギリスGPで新しいPU(パワーユニット)を投入した。なお新たに投入するコンポーネントは規定の基数内であり、ボッタスにペナルティが科されることはない。

 前戦オーストリアGPでは油圧漏れによりレースをリタイアしたボッタス。PUの温度が高い状態のまま、走行中に突然マシンが止まってしまったため、チームは熱の問題でPUにさらなるトラブルが起きるのではないかと懸念を抱いていた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ボッタスはV6エンジン、ターボ、MGU-H、MGU-Kという4つの新しいコンポーネントを投入した。これにより、この4つのコンポーネントはペナルティを受けずに使用出来る基数の上限に達した。

 チームメイトのルイス・ハミルトンも燃圧トラブルによりオーストリアGPをリタイアしていたため、ボッタスと同様の不安を抱えていたが、彼のPUを交換する必要はなかった。

 オーストリアで使用されたPUはブリックスワースにあるファクトリーで検査を受けた後、ドイツGPの金曜日にもう一度使用され、問題なしと判断されれば今後の再利用のためにプールされる。

 メルセデスの広報担当者は、次のように語った。

「これは予防策だ。オーストリアでは、PUは高温に見舞われたため、リスクを負っている可能性がある。それゆえ彼はここで新しいものを投入し、我々は古いPUを適切にチェックするためにもう一度ホッケンハイムで走らせる予定だ」

 またテクニカルディレクターのジェームス・アリソンは、今週初めに、マシンがコース上で止まるときには、常にPUへのリスクがあると話していた。

「自分のコントロールが効かない状況や、故障が起きたり、システムがシャットダウンするなど、ある意味で異常な状態でマシンが止まる時はいつでも、あらゆる種類の未知の”グレムリン”に苦しめられている。必要な確認を全て終えるまでは、完全に問題ないと確信することはできない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します