現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGPフリー走行1回目:ハミルトン、母国で好調な走り出しでメルセデス1ー2。トロロッソはガスリー12番手

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

F1イギリスGPフリー走行1回目:ハミルトン、母国で好調な走り出しでメルセデス1ー2。トロロッソはガスリー12番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第10戦イギリスGPのフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンが母国グランプリで好調なスタートを切った。


 気温19度、路面温度33度というコンディションで90分のセッションがスタートすると、今週末がシーズン初登場となるハードタイヤを装着してインスタレーションラップを行うマシンも数台あった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 高速コーナーが重要なシルバーストンだけに空力のデータ収集を行うマシンも多く、マクラーレンのフェルナンド・アロンソやトロロッソのピエール・ガスリー、レッドブルのダニエル・リカルドは空力の測定装置をマシンに装着し走行を行った。


 セッション開始から10分が経過し、まず最初にブレンドン・ハートレー(トロロッソ)がソフトタイヤでタイムを計測。続けてミディアムタイヤを履いたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分30秒863をマークし、ハートレーのタイムを上回った。

 フェルスタッペンはその後、タイムを1分29秒469まで更新していたが、セッション開始30分を経過する頃にフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分29秒244を記録しトップへ浮上。その背後を、さらに早いペースでバルテリ・ボッタス(メルセデス)が走行していたものの、セクター3で他車に詰まったのかトップタイム更新はならなかった。

 ただその直後には、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分28秒908をマーク。トップでセッション折り返しを迎えた。

 1セット目のタイヤ返却時刻を迎え全車がピットに戻ったが、ガスリーはいち早く2セット目のソフトタイヤを投入し、しばらくコースを独占した。

 セッション残り40分を切ると、ボッタスがソフトタイヤを投入。1分28秒143をマークした。ハミルトンもボッタスの0.010秒差で続いた。

 ボッタスがさらにタイムを更新し1分27秒854をマークした直後、ハースのロマン・グロージャンが1コーナーでスピンしクラッシュ。これでバーチャルセーフティカー(VSC)が発動された。今週末はメインストレートでもDRSを使用することができるが、グロージャンはDRSを開いたまま1コーナーを周れるか試そうとしたところで、リヤからバランスを崩したようにも見えた。

 マシン撤去が終わり、セッション残り25分の時点でVSCが終了。するとハミルトンが1分27秒487を叩き出し、昨年の予選Q2トップタイムを早くも上回った。

 セッション残り15分を切る段階でまだタイムを残していなかったアロンソは、ここでようやくタイム計測へ。しかしコースオフするミスもあり、最終的に15番手となった。マクラーレンはこのセッションでフロービズと呼ばれる塗料を使って積極的に空力をチェック。ストフェル・バンドーンのマシンのハロを交換し、こちらにも塗料を塗る場面があった。

 走行時間が残り5分を切ると、フェルスタッペンがメインストレートでスロー走行。どうやらギヤボックスのトラブルが起きてしまったようだ。これにより、セッション2度目のVSCが発動した。

 残り2分でVSCが終了し、そのままセッションは終了。ハミルトンが母国レース最初のセッションをトップで終えた。ボッタスも2番手に続き、メルセデスが好調な走り出しを見せた。

 ハミルトンから0.5秒差の3番手にはベッテル、4番手がリカルドとなり、フェラーリとレッドブルが交互に並んだ。クラッシュがあり早々に走行を終えたものの、7番手にはグロージャンがつけている。

 今回も中団勢が僅差となった中で、トロロッソ・ホンダはガスリーが12番手。ハートレーはトラフィックに苦しんだ部分もあり、19番手に沈んだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します