現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 半世紀に及ぶ伝統を継承。スズキ、新型『ジムニー/ジムニーシエラ』発売

ここから本文です
スポーツ 2018.7.5

半世紀に及ぶ伝統を継承。スズキ、新型『ジムニー/ジムニーシエラ』発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月5日
プレスリリース

スズキ、軽四輪駆動車 新型『ジムニー』、
小型四輪駆動車 新型『ジムニーシエラ』を発売

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 スズキ株式会社は、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型『ジムニー』および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型『ジムニーシエラ』を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売する。

『ジムニー』は、1970年に軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた。同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的とした需要も開拓し、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げた。

『ジムニーシエラ』は、1977年に発売された0.8Lの『ジムニー8』を原点とする小型車である。軽自動車のジムニーをベースに小型車用エンジンを搭載し、海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活躍し続けてきた。

『ジムニー』シリーズは、全世界194の国・地域※1で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍し、世界累計285万台※1を販売したスズキを代表する車種であるとともに、日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WDである。

 新型『ジムニー』、新型『ジムニーシエラ』は、半世紀に及ぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させた。

 新開発ラダーフレームに、FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンションというジムニー伝統の車体構成を継承。“ブレーキLSDトラクションコントロール”を全車に標準装備し、高い走破性能を実現した。
 
 新型『ジムニー』には専用にチューニングしたR06A型ターボエンジン、新型『ジムニーシエラ』には1.5Lの新開発K15B型エンジンを搭載し、動力性能と信頼性を高めた。
 
 機能を追求した内外装デザインに、取り回ししやすいボディーサイズ。見切りの良さ、荷室空間の広さや使いやすさを進化させ、様々なニーズに応える使い勝手を追求した。

 また、スズキの予防安全技術スズキ セーフティ サポート※2を搭載するなど安全装備を充実。経済産業省や国土交通省などが普及を推進するセーフティ・サポートカー※3の“サポカーSワイド”※4に該当する。

 新型『ジムニー』、新型『ジムニーシエラ』は、今回の全面改良にあわせて、初めて湖西工場(静岡県湖西市)で生産し世界に供給する。このクルマを必要とするお客様が求める本格的な走行性能を備えるとともに、幅広いお客様がレジャーを楽しみ、ライフスタイルを表現するための道具として選んでいただけるデザイン、装備を採用し、末永く愛されるコンパクト4WDを、日本をはじめ世界に提案する。
 
新型『ジムニー』、新型『ジムニーシエラ』の主な特長
1. 伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
2. 合理的で無駄の無い機能美を追求したデザイン
3. プロユースにも応える使い勝手を追求
4. スズキ セーフティ サポート※2の搭載と優れた衝突安全性能

国内販売目標台数(年間)
ジムニー:1万5000台
ジムニーシエラ:1200台
(輸出を除く)

メーカー希望小売価格(税込)
ジムニー(軽四輪駆動車):145万8000円~184万1400円
ジムニーシエラ(小型四輪駆動車):176万400円~201万9600円
*価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出・登録等に伴う費用は含まれない。

※1 2018年3月末現在。スズキ調べ。
※2 ジムニー「XC」、ジムニーシエラ「JC」に標準装備、ジムニー「XG」「XL」、ジムニーシエラ「JL」にメーカーオプション設定。
※3 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称、通称「サポカー」。
※4 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速制御装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーSワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速制御装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
※5 WLTC=Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle 市街地、郊
* メーカーオプション(価格は消費税8%込み)
新型『ジムニー』、新型『ジムニーシエラ』の主な特長
1.伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
新開発ラダーフレーム
●梯子型に組んだ頑強なラダーフレーム構造を継承。

●新設計のラダーフレームは、X(エックス)メンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を約1.5倍(先代モデル比)向上させた。

●車体とラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現した。

伝統のFRレイアウトと機械式副変速機付きパートタイム4WD
●エンジンを縦置きに配したFRレイアウトを採用。

●エンジンをフロントタイヤより後方に配置し、厳しい悪路走行に有効な対障害角度を確保した。

●悪路走破性に優れる機械式副変速機付きパートタイム4WDを採用。路面状況に合わせて2WDと4WDを任意に切替えて走行できる。

●4WDは4H(高速)、4L(低速)のモードに切替えが可能。4Lは、通常の約2倍の駆動力を発揮し、急な登坂路や悪路の走破性を高める。

3リンクリジッドアクスル式サスペンションの採用と、優れた走破性・操縦安定性能の実現
●ジムニー伝統の3リンクリジッドアクスル式サスペンションを採用。一般的な乗用車の独立懸架式サスペンションに比べ、凹凸路で優れた接地性と大きな対地クリアランスを確保。

●さらに堅牢な構造により過酷な使用環境にも耐える信頼性を実現している。

●走破性能を高める電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備。

●4L(低速)モード走行時、エンジントルクを落とすことなく、空転した車輪にだけブレーキをかけることでもう一方の車輪の駆動力を確保し、高い脱出性能を実現。

●坂道発進時に役立つヒルホールドコントロールと、下り坂でブレーキを自動制御することで、車両の加速を抑えるヒルディセントコントロールを標準装備。

●悪路走行時のステアリングへのキックバックを低減し、高速走行時の振動を減少させるステアリングダンパーを新採用した。

専用チューニングのR06A型ターボエンジンと、1.5Lの新開発K15B型エンジンを搭載
●新型ジムニーには、専用チューニングのR06A型ターボエンジンを採用。

●新型ジムニーシエラには、軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5Lの新開発K15B型エンジンを採用。

●動力性能を進化させるとともに、被水や雪、飛び石などへの対策を施し、信頼性を向上させた。

2.合理的で無駄のない機能美を追求したデザイン
デザインコンセプト
●専門家が愛用する「プロの道具」をデザインコンセプトに、機能に徹した飾らない潔さを追求。

エクスエリア
●車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディーに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディー形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形。

●丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れた。

【新型ジムニーシエラ】
力強く張り出した材料着色樹脂のオーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュを装備。
車体色
●大自然の中で目的を持って行動し、用途やシーンによって的確に使い分ける「プロの道具」に相応しい、機能を持たせた車体色を新設定。

●吹雪や濃霧など、悪天候の中でも目立つ性能を追求した「キネティックイエロー」。深い森の中で隠れる性能を追求した「ジャングルグリーン」の2つの新色を設定。

【新型ジムニー】
 モノトーン9色、2トーンルーフ4パターンの全13パターンを設定した。(2トーンはXCに設定)

 2トーンルーフには、ブラック2トーンルーフ(3パターン)と、ボンネットとAピラー、ルーフをブラックにしたブラックトップ2トーン(1パターン:受注生産)を設定。
 
【新型ジムニーシエラ】
モノトーン9色、ブラック2トーンルーフ(3パターン)の全12パターンを設定した。(2トーンはJCに設定)

インテリア
●オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザイン。車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用した。

●スイッチ類など操作部には、光の反射を抑え小傷が目立ちにくい質感の高いシボを採用。

●高剛性化、高強度化したフロントシートフレームを採用。シートフレームの幅を70mm(先代モデル比)拡大し、上下クッション性能の向上と適正な耐圧分布を確保して乗り心地を向上。

3.プロユースにも応える使い勝手を追求
パッケージング
●前席のヒップポイントを30mm後方に下げながら、前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を向上。

●スクエアなボディー形状で乗員の頭上、肩まわりの空間を広くして快適性を向上。

【新型ジムニーシエラ】
 先代モデルに対し車体全長を50mm短く、全幅を45mm拡げ、取り回しの良さと高速走行時の安定性を実現した。

ユーティリティ
●幅広いニーズに応えて機能を追求した、大きな開口部と大容量の荷室。荷室床面はフラットとなり、よりスペースを無駄なく活用できる。

●リヤシートバック背面と荷室を樹脂化した、防汚タイプラゲッジフロア(ジムニーXGを除く)。汚れに強く、荷物の出し入れをスムーズに行える。

●後席シートベルトを脱着式とすることで、後席シートバックを倒した際の床面がすっきりとし、積載性を向上。

●荷室の使い勝手を高める、ユーティリティーナットと荷室フック用ナットを設定。

●ラゲッジボックス(ジムニーXGを除く)、ツールボックスを装備。

4.スズキ セーフティ サポート※2の搭載と優れた衝突安全性能
スズキの安全技術
●小さな車で大きな安心をお届けする安全技術で、事故のない未来を目指して取り組む。

◆基本安全
 視界性能、運転姿勢と操作系、インターフェース等、運転しやすく安心して乗れる基本安全技術。

◆予防安全“スズキ セーフティ サポート”
 事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために運転をサポートする予防安全技術。

◆衝突安全
 衝撃吸収ボディーをはじめ、万が一の衝突被害を軽減する衝突安全技術。

スズキ セーフティ サポート※2
●お客様の安心・安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実させた。

●単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能を搭載した。

●さらに、“車両進入禁止”に加え“はみ出し通行禁止”“最高速度”の各標識をメーター内に表示させドライバーに通知する「標識認識機能」を採用した。

衝突安全
●運転席、助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグに加えて、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備した。

●衝撃を効率よく吸収・分散する軽量衝撃吸収ボディー[TECT]、歩行者の頭部・脚部へのダメージを軽減する歩行者傷害軽減ボディーを採用した。

●後席乗員にもシートベルトの装着を促す後席シートベルトリマインダーを装備した。(ジムニーXGを除く)
ジムニーWEBカタログ:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/
ジムニーシエラWEBカタログ:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します