現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年発足予定のTCRオーストラリアにアウディ、ホンダなどが参戦に興味。豪州SCとの併催案も

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

2019年発足予定のTCRオーストラリアにアウディ、ホンダなどが参戦に興味。豪州SCとの併催案も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のシリーズ発足を目指しているTCRオーストラリアは、地元のARG(オーストラリアン・レーシング・グループ)が同国最大のツーリングカー選手権、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーと6~8戦の併催を目指していることを明らかにし、公式承認に向けて着実に歩を進めていることが確認された。

 世界的に流行している新ツーリングカー規定『TCR』を採用するTCRは2018年、欧州、アジアに続いてアメリカ大陸にも上陸を果たしており、その勢力を拡大し続けている。そんなTCRシリーズは2019年に4番目の大陸として、南半球オーストラリアにも渡ることが確実視されている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「カレンダーに関しては、比較的早い時期に公開できるようになると想定している」と語るのは、元ボルボ・オーストラリアのマネジメント職を務め、V8スーパーカー時代のエグゼクティブ・オーガナイザーの一員でもあったマット・ブレイド。

「我々としては2019年のシリーズ構築に向け、あらゆるプロモーターやサーキット、モータースポーツクラブとも話しあいを続けている」

「理想的には、シリーズのうち6~8戦を同国最大のツーリングカー選手権であるVASCとの併催とし、残る数戦を地元と密着したシングルイベントに育てられればと考えている」

 オーストラリアの自動車市場に参入するマニュファクチャラーや各インポーターは、この新シリーズ創設の動きを歓迎しており、とくにアウディはすでにTCR規定車両のアウディRS3 LMSを現地でデモンストレーションした経験もあり、とくに有力な参戦候補だと見込まれている。

「我々はこの機会に対して、参戦資格を持つ車両をカスタマーのみなさんに提供できることに非常に興奮しています」と語るのは、アウディ・オーストラリアの広報担当を務めるショーン・クレアリー。

「オーストラリアでモータースポーツに携わるドライバーのため、我々はメルボルンにパフォーマンス・センターを開設しています。彼らはドイツのアウディスポーツとこの数年間密接に仕事をし、オーストラリアンGTチャンピオンシップには、ワークスチームとしてR8 LMSを投入して戦ってきました」

「アウディスポーツのメルボルン・パフォーマンス・センターは、この新たなTCRシリーズに対しても、RS3 LMSを走らせることが可能な体制が整っています」
 またアウディと同様に、ヒュンダイやホンダの現地法人もこのTCRシリーズ発足に興味を示しているようだ。

 ホンダ・オーストラリアのディレクターを務めるステファン・コリンズは、メディアの取材に対し「我々にはそのシリーズに積極的に関与するだけの余力があり、とくに世界中でレコードを樹立しているシビック・タイプRという優れたモデルを有している。TCRオーストラリアでもコンペティティブな戦いを見せられると信じている」と自信を覗かせた。

「ただし、現時点では我々が何らかの計画を持って、この現地シリーズに参画する公式なプロジェクトは存在していない。もしカスタマーからの要望があれば、何らかの技術的サポートを提供することはもちろん可能だけどね」

 こうしたマニュファクチャラーやインポーターの反応を背景に、TCRオーストラリアの2019年シーズンは、間もなく承認される見通しとなっている。

「我々は物事を前に進めるため、あらゆる関係部門と交渉を続けている。ARGとCAMS(オーストラリア自動車連盟)との間での正式承認はこれからになるが、その日はもうすぐそこまで来ている」とブレイド。

「TCRシリーズ・オーストラリア、2019年シーズンのカレンダー発表はもう間もなくとなるはずだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します